« 2013年2月 | トップページ

2013年4月

新旧懇親会

先日、校区子ども会の
旧(前年度)役員と新(今年度)役員の
懇親会がありました
Securedownload
総勢23名の参加だったんですが
女性21名と非常に女子率の高い飲み会でした
年齢も年々若返っていくので
僕なんか最長老の年より状態です
今年度も校区会長をさせていただく僕ですが
そろそろどなたかにバトンを受け取っていただきたいものです

家に帰ると女子会が開催されてました
Img_0158
主催者は僕なんですがダブルブッキングで
僕は懇親会終了後に参加です
4名のお母さん方がわがやにやってきたのですが
みなさん徹夜で朝までワイワイです
僕は翌日も予定があったため2時に就寝しました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKB的楽曲

1ヶ月ほど前のことですが
今年のAKB48リクエストアワーが終わりました
公式ホームページを見ると
「AKB48関連の楽曲の中から
ファン投票による上位100曲」と記載されてます
このAKB48関連の範囲が不明瞭です
ランキングの結果を見る限りでは
ノースリーブス、Not yet渡り廊下走り隊などの
派生ユニットの楽曲は入っていないので
おそらくAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、JKT48
SNH48の基本ユニットの楽曲が対象と思われます

ランキング結果はかなり意外というか
意表を突かれていました
僕の思いとはかなり違ってます
1位は「走れ!ペンギン」でした
まあ、いい曲だとは思うけど1位ではないなあ
上位に入ってる曲で僕が納得できたのは
9位の「夢の河」ですね
それ以外はかなり意外です

僕の中でのAKB関連の上位3曲は
あ、派生ユニットもすべて含めての話ですが
「僕のYELL」でシアターガールズ(AKB48)
「目が痛いくらい晴れた空」でSKE48
「希望の花」でNot yetなんですが
「僕のYELL」が99位であとはランク圏外
まあ「希望の花」はNot yeなんで対象外ですが
「僕のYELL」めっちゃ好きなのにちょっとショックでした

昔、おニャン子クラブに属していた時の
国生さゆりのソロナンバー「バレンタイン・キッス」を
渡り廊下走り隊7がカバーしてるんですが
僕は国生のオリジナルよりカバーのほうが好きですね

ちなみにAKB48本体の曲で一番好きなのは
デビュー曲の「桜の花びらたち」ですね
デビュー曲は「会いたかった」じゃない?って思うかもしれませんが
「会いたかった」はメジャーデビューであって
「桜の花びらたち」はインディーズデビューで
正真正銘のデビュー曲だと認識しています
この曲がめっちゃいいんですよね


| | コメント (2) | トラックバック (0)

マルガリータ

かなり久しぶりの投稿です
別に忙しかったわけでもありません
フェイスブックはかなりの頻度で
ほぼ毎日の勢いで更新してますが
ブログは単なるサボりです

本日のお題は「マルガリータ」
カクテルでもなければ
ピザでもありません
AKB48の峯岸みなみの丸刈りについて
いまさらって感じのネタですが
僕なりの感じたことを述べます

正直あの動画は見ていていい気はしませんでした
むしろ不愉快な感情がありました
あの丸刈り事件は運営側のやらせだとか
ネットでもいろいろな憶測が飛び交ってます
AKBの恋愛禁止ルールについても
仲里依紗が「人として生きるな!」と言われてるようなもの
とツイッターで持論を展開していましたが
AKB48系列が掲げてる恋愛禁止については
いいか悪いかの哲学を語るのは時間の無駄
ある一定の組織が決めてる取決めにおいて
みんなで守らなければ統制がとれないことってありますよね
学校の校則や会社でのルールなど
決まりを守らない人がいるとスムーズな活動ができません
ルールは押しつけ的な部分もあるけど
それを承知した上でそこに所属しているわけです
そのルールを守りたくなければ辞めるという選択肢があります
そこに所属したければ守る責務が生じます
ルールが道義的におかしいと思えば協議すべきです
で、峯岸みなみは団体における規律違反をしたわけです
それは本人のことなので別にどうでもいいです
僕が言いたいのは涙ながらにAKB48を辞めたくない
そう訴えるのであればなぜ違反を犯したのか理解できない
その時の欲望に負けてしまっただけやんか
相手側の男もそのルールを知っておきながら
一夜を共にするとか信じられない
どういう結果になるか考えが及ばなかったのか?

芸能人は恋愛しちゃいけないのか?
という議論が昔からありますが
デキちゃった結婚が当たり前のこの時代
自由に恋愛して自由に子作りに励む
一般の人ならそれでもオッケイだと思いますが
タレントはある意味公人だと思います
タレントは個人でもあるけど公の色も強いです
そのタレントの活動で生活している人がたくさんいます
所属事務所や各現場のスタッフなど
まわりで働いてる人やその家族の生活も
考えなければいけないと思います
ある日突然子どもができたから
年内いっぱいで活動を休止します
そんなこと急に言われても
年明けのスケジュールを組んでたらすべてキャンセル
キャンセル料や今後の活動見込みが無くなれば
事務所は大打撃
モー娘。にもそういう例が何件もあったから
AKB48は恋愛を禁止してるのかも
タレントだって人間だから恋愛はいいと思う
でも、考えなしに避妊しないのはバカだと思う


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ