« レスラー | トップページ | 男のレギパン »

庶民的

世の中の人はよく「庶民」というコトバを使います
でも「庶民」っていったいなんなの?
ちゃんとした定義や境界線がないので曖昧なんですが
世間で統計を取ったりする際の目安として
年収500万円未満を「庶民」
年収500万円以上1000万円未満を「中流」
年収1000万円以上を「お金持ち」と呼ぶそうです
あくまでも目安で定義ではありません

僕的には年収もさることながら
家族構成も大きな要件になると思います
世帯年収が800万円として夫婦に子どもが6人
この世帯ではたぶん生活に余裕はないと思います
まあ、そんなこと言ってたらキリがないんで
端的に年収での比較ってことで話をすると
「庶民」は年収が500万円以下だというのなら
世の中で「庶民」と言ってる人はかなり多いけど
庶民ではない人も庶民って言ってることになりますよね
「いや、うちの生活は楽ではないよ」という中流の人
庶民に比べたら全然庶民ではないってことになりますね
「全然金持ちじゃないよ」という年収1000万円超の人
庶民から見れば立派に金持ちです
ある意味、ほんとに庶民の人に失礼です
あくまでも年収ベースでの比較ですけど

でも僕が思うに世帯年収が500万円を超える世帯って
世の中の過半数を超えてるのでは?
もしそうだとしたら、この国に庶民は少ない
まあ、「国民一億総中流階級」って唱えることもありますしね
しかし、世の中金持ちもピンキリでして
僕の中では所有する装飾品の合計が1億円程度
所有する車の合計金額が1億円程度
数億円程度のクルーザーや自宅を所有
こういう人たちを僕は大金持ちといい
さらにその上を行く桁外れのお金を持ってる人たちを
巨金持ちと呼んでいます
僕には大金持ちの知り合いはいますが
巨金持ちの知り合いはいません


|

« レスラー | トップページ | 男のレギパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/49534961

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民的:

« レスラー | トップページ | 男のレギパン »