« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年2月

それぞれのケータイ事情

4月から高校生になる次男
そんなわけで次男もケータイデビュー
で、先日嫁さんとケータイショップへ

長男は現在スマホ
次男も当然スマホを希望
現在わがやはドコモなんですが
金額が安ければ乗り換えも視野に入れるつもりで
auとNTTドコモへ行ってきました
どちらも同じ条件を提示して金額を出してもらいました
驚くことに結構な価格差がありました
月々の支払いベースで約5500円ドコモが安いのです
auのスマートバリューを使ったとしても
約4000円ドコモのほうがお安いのです
こんなに差が出るなんてびっくりです
世間ではMNPでドコモの流出が止まらないというので
てっきりauやソフトバンクが安いのかと思いきや
ドコモのダントツ低価格でびっくり
いくらiPhoneが秀逸だからといっても
月々のこの差額ならドコモで決まりです

あ、あくまでもわがやのプランの場合なので
すべての人がドコモ安かどうかは不明です
てか、iPhoneデビューと思ってたので残念です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

男のレギパン

ユニクロから「メンズレギンスジーンズ」が発売されました
女性のレギパンの発想から生まれた商品だそうです
発売前に実施した試着会のアンケートでは
90%以上の男性が履き心地の良さを評価したそうです
レギンスジーンズってネーミングからして
スキニージーンズよりもレギンスに近いんでしょうね
てことは股間のモッコリが強調されるってこと?
レギンスジーンズだからレギンスとは違うのかな?
レギンスに近いデニムってことでしょうか?
現物を見ていないのでわかりませんが
レギンス度が高かったら外には履いて出られません
女性だっておしりが隠れるくらいの上着を羽織らないと
下半身の造形が丸見えで刺激的ですから
男だともっと卑猥なシルエットが浮かび上がりますよね
どんな素材でどの程度のフィット感があるのか
要チェックですね


| | コメント (2) | トラックバック (0)

庶民的

世の中の人はよく「庶民」というコトバを使います
でも「庶民」っていったいなんなの?
ちゃんとした定義や境界線がないので曖昧なんですが
世間で統計を取ったりする際の目安として
年収500万円未満を「庶民」
年収500万円以上1000万円未満を「中流」
年収1000万円以上を「お金持ち」と呼ぶそうです
あくまでも目安で定義ではありません

僕的には年収もさることながら
家族構成も大きな要件になると思います
世帯年収が800万円として夫婦に子どもが6人
この世帯ではたぶん生活に余裕はないと思います
まあ、そんなこと言ってたらキリがないんで
端的に年収での比較ってことで話をすると
「庶民」は年収が500万円以下だというのなら
世の中で「庶民」と言ってる人はかなり多いけど
庶民ではない人も庶民って言ってることになりますよね
「いや、うちの生活は楽ではないよ」という中流の人
庶民に比べたら全然庶民ではないってことになりますね
「全然金持ちじゃないよ」という年収1000万円超の人
庶民から見れば立派に金持ちです
ある意味、ほんとに庶民の人に失礼です
あくまでも年収ベースでの比較ですけど

でも僕が思うに世帯年収が500万円を超える世帯って
世の中の過半数を超えてるのでは?
もしそうだとしたら、この国に庶民は少ない
まあ、「国民一億総中流階級」って唱えることもありますしね
しかし、世の中金持ちもピンキリでして
僕の中では所有する装飾品の合計が1億円程度
所有する車の合計金額が1億円程度
数億円程度のクルーザーや自宅を所有
こういう人たちを僕は大金持ちといい
さらにその上を行く桁外れのお金を持ってる人たちを
巨金持ちと呼んでいます
僕には大金持ちの知り合いはいますが
巨金持ちの知り合いはいません


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レスラー

IOCの理事会で2020年のオリンピック正式種目から
レスリングが除外される可能性が大きくなってきました
Bu
日本にとってはメダルが期待できる競技だけに
除外されると大きな打撃になります
Img_14011_37784861_0
レスリングよりもマイナーな競技はたくさんあるのに
Pn20080817507

しかし、日本でレスリングはメジャーなのだろうか?
例えば柔道と比較してみると
世界最多の競技人口はフランスで50万人
日本は全柔連に加盟しているのが20万人
僕も全柔連には加盟してるので
僕みたいな人間も含めての20万人です
で、山口県内にある少年柔道チームは
はっきりした数はわからないけど30はあると思います
一方、少年レスリングチームは3つと聞いたことがあります
山口県内の高校の部活で柔道部があるのは
試合の参加チームからすると20校です
一方、レスリングは3校しかありません
うちの長男が通う高校にもレスリング部があります
県内3校のうちの1校です
しかし部員はほんの数名しかいないので
団体戦に出場するには人数が足りません
そこで他の部活の部員が応援で試合に出場します
正規の部員でない即席部員でも全国大会に行ったりします
つまり、高校生の日本のレスリングレベルは
その程度でしかないのです
柔道でインターハイや国体に出場するのは
なかなか難しいのですが
レスリングは柔道に比べるとかなりチャンスが巡ってきます
そう考えるとレスリングは決してメジャーな競技ではないと思います
子どもに何かスポーツをさせようと思っても
レスリングをという発想はなかなかないですもんね
日本で人気が高いといっても視聴レベルの話で
実際にレスリングをしようという人は少ないはずです
プロレスは別の話ですがね

そんなわけでオリンピック正式種目から外されるのも
なんとなく頷けますね

レスラーといえば
その昔、マイケルジャクソンの大ヒットアルバム
「スリラー」を模した
51h1bgsq10l__sl500_aa300_
アルヤンコビックの「スリだー」があり
T02200218_0350034712029182694
さらに竹中直人の「レスラー」ってのがありましたね
Naototakenaka_wrestler
高校生のころ密かにウケてました


| | コメント (2) | トラックバック (0)

バーベキューで瓦そば!

ブログの更新が滞ってたので
ここ最近は時間差のある内容で申し訳ないですが
今日のネタは昨年の12月30日のことです

気の合う仲間で恒例の年忘れバーベキューを開催
20121230_134039
年忘れということで具材はいつもより豪勢な内容です
ズワイガニがあったり
20121230_161719
牡蠣があったり冬の味覚満載です
20121230_165918
牡蠣は殻が開いたらバターともみじおろしを入れて焼き
最後にポン酢を垂らすとかなりアゲアゲなお味になります

そして今回のバーベキューの目玉は瓦そば
実をいうと「神原歯科医院の気まぐれ日記」で
ダッジオーブンの蓋で瓦そばを作るという記事を読んで
これってバーベキューでも応用できるのではと思い
チャレンジしてみました
バーベキューのシメは焼きそばかお好み焼きです
強力な火力で作る焼きそば&お好み焼きは美味しいし
バーベキューで余った具材を捌けるので一石二鳥なわけです
しかし、いつもホットプレートで作る茶そばと違い
鉄板で作る本格的瓦そば風茶そばを食べてみたいワケです
ただ、茶そばはすでに茹でた状態で軽く熱するだけでいいから
火力が強いとコゲコゲになってしまうので
炭を少なめにして火力調整です
鉄板でジューーーッと焼く瓦そばは視覚的にもグー
20121230_181543
お肉も錦糸卵も刻みのりもゼータクにたっぷり乗っけて完成
20121230_181657
実際に食べてみるとホットプレートのそれよりも
美味しく感じるのは視覚効果も助けてくれてるとは思いますが
鉄板の影響で短時間に水分が飛んだのがいいのだと思います
いままで気づかなかった新発見にみんな満足です


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドリカムライブ

ドリカムのライブにはワンダーランドといって
4年に1回のドームツアーがあるんですが
普段ライブでは唄わないけどいい曲あるんだよ
そんな感じであまり陽の目を浴びてない曲ばかり集めた
ワンダーランドの裏バージョンってことで
裏ドリワンダーランドで通称「ウラワン」が
昨年の10月から開催されており
福岡の日程は12月30日と31日の両日
31日ってことは年越しのカウントダウンライブです
なんとなんとドリカムにとって初めての年越しライブです
それがご近所の福岡で開催なんて
こんな千載一遇のようなチャンスですから
もちろんエントリーして幸運にもチケットゲットできました

で、大晦日に友人と行ってきたんですが
ドリにとっても初めてのカウントダウンですが
僕にとっても初めてのカウントダウンライブ
午後10時からの開演に合わせて8時半に会場入り
会場に入ってビックリしました
なんとセンターステージです
1356955820968
マリンメッセ福岡のど真ん中にステージがあるので
豆粒のように小っちゃくて見えない現象は回避され
どこの席からでも本人であることが確認できる距離です

ライブが始まるとさらに驚くことがありました
1356969441251
四角いステージの上に円形のステージがあるんですが
ターンテーブルのように回転するのです
まるで中華料理のテーブル状態です

で、いよいよカウントダウンですが
新年まで残り10秒からは会場のすべての人が
10・9・8とカウントダウンするのですが
1万人を超える人間の一糸乱れぬ声ってすごい!
何とも言えない瞬間です
人の声で会場が響き揺れる感じで鳥肌モンです
年が明けた瞬間は歓喜に包まれて幸せな瞬間でした

新年一発目の曲は他の会場では唄っていない
「うれしいたのしいだいすき」をお年玉として唄ってくれました

ライブが終わって会場を出ると冷たい風が心地よかったです
20130101_010408

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虐待?

フェイスブックの超おもしろ画像集というページで
こんな画像を見つけました
13140_408629655898439_203488817_n

かわいいとコメントしてる人もいましたが
僕は虐待に相当するのでは?と思いました
冗談のつもりだろうけど
不愉快ととらえる人も多いのでは?
ちょっとどうなの?って感じです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »