« 人生初! | トップページ | 桑田佳祐ライブに行ってきた! »

決断の時

ベースボールプレイヤー松井秀喜が現役引退を表明しました
僕は彼が好きではなかった
星稜高校のスラッガーとして注目され
甲子園に出たころから好きではない
どうしてもあの顔が好きになれなかった

プロ野球選手として巨人に入団しても
どうしても好きになることができなかった
ただ彼のスイングスピードと
天性のセンスには感心していました
彼がメジャーリーグに挑戦してヤンキースの一員になり
しばらくしてから彼のルックスよりも
人として懐の深さというか
人間性を受け入れることができるようになり
次第に「嫌い」の部分が薄くなり
「好き」とはいわないまでも応援するようになった

その彼がワールドシリーズでMVPを獲って以来
活躍の場が失われていき
いくつかの球団を渡り歩き
そして引退
日本球界に復帰と期待の声もあったが
彼は潔く引退という道を選択
何人もの選手が海を渡りメジャーリーガーとなり
戦力外通告を受け日本球界に復帰する選手もいるし
マイナーリーグから這い上がれずに
日本球界に戻ってくる選手もいる

日本人メジャーリーガーの村上雅則氏がパイオニアだが
今のこの状況の先駆者は野茂英雄
野茂は近鉄との契約にこじれて任意引退扱いとなり
すべてを失い活動の場を求めて海を渡った
たぶん最初から日本球界には復帰しない
そういう背水の陣で臨んだのだと思う
アメリカで必要とされなければ終わり
向こうでダメならこっちがあるさ
そういう甘っちょろい考えではなかったはず

僕もそういうすべてを捨てる覚悟で臨み
メジャーを去る時は現役を引退という考えを尊重します
おそらくイチローも同じ考えだと思います
幕内がダメなら幕下でもいいや
一軍がダメなら二軍で頑張るさ
そんな生き方もアリでしょうが
僕は野茂や松井の生き方に男を感じます
いつまでもしがみついてるよりはその方がカッコいいと思う
何の世界でも一緒です
しがみつきたい人がたくさんいます
引き際、散り際に美学を感じたいです


|

« 人生初! | トップページ | 桑田佳祐ライブに行ってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/48503984

この記事へのトラックバック一覧です: 決断の時:

« 人生初! | トップページ | 桑田佳祐ライブに行ってきた! »