« 海鮮天とじ丼 | トップページ | 宝うどん »

子ども会の中・四国大会

先日、子ども会の中国・四国地区大会が
山口県(湯田温泉)で開催されました
僕も下関市代表として参加したのですが
土日のスケジュールなんですね
僕は土曜日は仕事だったので
仕事が終わってから19時半ごろ到着
会場はすでに懇親会の真っ最中でした
20121110_193034
ありがたいことに僕の料理も取っといてくれました
P1010161

懇親会が終わると下関の連中で二次会
二次会ではカラオケがジャンジャン入ります
P1010176
僕は割と古い歌も知ってるほうなんですが
この日は知らない歌ばかり
昭和20~30年代の曲ばかり?
というのも下関市子ども会連合会の役員は
45歳の僕が断トツの年少者で
70代60代、50代が中心です
そんな雰囲気の中で僕も唄えと促され
破れかぶれで嵐の「ワイルドアットハート」をチョイス
案の定、誰もついてこれない状態
手拍子すらない場違いヤローを演じちゃいました

二次会のあとはホテルに戻って
持参したノートパソコンでネット接続と思いきや
Wi-Fi環境が整ってなくて残念ながら断念
仕方ないのでテレビを見たあとは寝ました
P1010181

翌日は前日の分科会の結果発表
1352592465179
今後の子ども会にとってためになるお話なんでしょうか
現役で子育てをしてないと思われる年配の方の発表
今の時代に即していないような気がします
現代の子どもたちの生態を理解していない
絵に描いた餅のようなご意見
昭和40年代の子どもたちの姿が垣間見えました
最近の子どもたちはゲームばっかで外で遊ばない
う~ん、どうなんでしょう
確かにそうですが僕が子どもの頃も
ゲーム三昧でしたからねえ
もちろん外でも遊んでたんですが
今の子たちと比べてもそんなに変わらないくらい
インドアの遊びが多かったように思えます
だから外で遊べと竹トンボなどの昔遊びを推奨されても
今の子どもたちはおろか僕が子ども時代でも
全然魅力を感じることはないです
根本的に子どもたちのことを分かっていない子ども会の上層部
う~ん、僕が立場的に言っちゃいけないんでしょうけどね

そのあとの講話は実にためになりました
金子みすゞさんの生涯を通じたみすゞの世界観
いままで特に彼女に対して特別な思いはなかったけど
どんな思いで生きて、どんな思いで詩を書き
どんな思いで自ら生涯を閉じたのか
とても彼女のことが知りたくなりました
このお話を聞けただけでも参加した意義を感じました
そのあと閉会式をもって全スケジュールが終了
みなさんお疲れ様でした


|

« 海鮮天とじ丼 | トップページ | 宝うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/47925843

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども会の中・四国大会:

« 海鮮天とじ丼 | トップページ | 宝うどん »