« 恐怖のバレンタイン | トップページ | ミルクヌガーパック »

大声ダイヤモンド

僕は結構なにかと好き嫌いが激しいです
食べ物であったり、タレントであったり、スポーツ選手
雑誌やマンガ、音楽、自動車や家電メーカーなどの企業
かなりの分野で好き嫌いが分かれています
そういう人間だからお付き合いする人にもそうです
誰しも好きな人と嫌いな人、苦手な人がいるでしょう

あるお母さん友達についてのおはなしです
彼女と知り合ったのはもう10年も前のことです
知り合った当初はどういう人物かわからないから
好きとか嫌いとかの感情はありませんでしたが
しばらくして「嫌い」の感情が高くなってきました
おそらく相手側も僕のことを嫌ってたのではないでしょうか
だって僕「嫌い嫌い光線」を出しまくってたし
いろいろ気に食わないこともあったから
会話をするのも嫌だった

ところが5年ほど前から何かが変わったのです
あるイベント会場で彼女と一緒になり
座席は彼女の隣しか空いていなくて
僕は隣に座るのが嫌だったので立ってました
すると彼女が隣に座れと促してきたので
仕方なく隣に座り、何時間も会話をする羽目に
彼女は持参してきたお菓子を僕に振る舞い
いろいろと会話をしていくうちに
「あれ?結構いいヤツじゃん」
その後も何度かイベントで一緒になり
その度に「隣の席を空けてやってるよ」と言い
何度も何度も隣同士になり
いつのまにやら氷が溶けてしまい
すっかり仲良くなってしまった

ある団体の役員探しをしてる時に
彼女にも声をかけ一緒に役員をしたこともあるし
飲み会も定期的にやってる
僕がお付き合いしているお母さん友達は何人もいますが
彼女は間違いなくかなり仲の良いお友達です
おそらくこの先もずっとお付き合いしていける
かけがえのない友人になると思います
あんだけ大っ嫌いだったのに不思議です
好き嫌いが激しい僕ですが
単に食わず嫌いだっただけなのかな
食べてみると案外おいしかったり?
あ、彼女を食べたわけじゃないですよ!
そこんとこゴカイのないよーに

あ、タイトルと内容があんま一致してないですよね
ちなみに「大声ダイヤモンド」とはAKB48の楽曲ですが
P1200132
P1200149

センターポジションはSKE48の松井樹里奈です
P1200145
P1200150

当時、彼女は11歳です
P1200135


|

« 恐怖のバレンタイン | トップページ | ミルクヌガーパック »

コメント

素敵なお話ですねheart01

ワタシも職場に苦手な人がいて、
上司から一緒に仕事してと言われたら、
イヤでイヤで、泣いていました。
今その人が旦那だったりしますcoldsweats01
そんなものなのかもしれませんね。

投稿: わるもの いくよ | 2012年2月 5日 (日) 20時35分

>いくちゃん
へ~すごいなあflair
そんなこともあるんだねsign01
素敵だねえshine
「嫌い」な感情から「好き」に傾くのって案外単純なきっかけだったりするんだよねup

投稿: とーる | 2012年2月 6日 (月) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/43972431

この記事へのトラックバック一覧です: 大声ダイヤモンド:

« 恐怖のバレンタイン | トップページ | ミルクヌガーパック »