« 柔道界の激震 | トップページ | お餅つき »

絵本作家、本田哲也さん来たる

先日、公民館に絵本作家の
本田哲也さんが来られるということで
末っ子と2人で行ってきました
P1170329

北海道在住の本田さんは
10月中旬から愛車で西日本を中心に
講演会、課外授業で幼保小学校などを
まわっており、12月中旬まで続くそうです
詳細は本田哲也さんのブログに掲載しています
ちなみに移動手段は自家用車です
公民館の駐車場に帯広ナンバーの車が停まってました

今回は公民館主催行事で
保育園児や幼稚園児、小学生、保護者
ご近所の方が多数来場していました
小学校の先生も来ていました

とても穏やかな口調で語る本田さん
P1170331
やさしさがにじみ出ていますね
会場には作品である絵本の展示もありました
P1170327
北海道に生息する「エトピリカ」の写真もありました
P1170328
原画もたくさん展示してありました
P1170334
当然ながら原画ですから一点ものです
P1170335
存在感のある画で引き込まれてしまいます
P1170336
心落ち着く画を描かれてますね
P1170338
アトリエを訪れてみたくなります
しかし、これだけの量を車に乗せて運ぶなんて
すごいなあ~
P1170339

画家志望だった本田さんは
20年ほど前から絵本作家に転身
僕も幼稚園や小学校で
絵本の読み聞かせをやってた時期もあり
自作の紙芝居でオリジナルストーリーの物語を
披露したことも何度かあるので
本田さんの自ら画をかいて物語も作る
そういうのに共感を覚えます
まあ、僕の画才のない画とは違うので
全く次元の違うものですが
画を描いてる時は魂を込めてましたから
なんとなくですが共通項的なつながり感が
ちょっとうれしい感じでしたね

そうそう本田さんが言ってましたが
北海道にはゴキブリっていないんだそうです
(本田さんは北海道の十勝在住です)
だからゴキブリに対する負の観念がないので
鹿児島で初めて見かけたときに
思わず手でつかんでしまったそうです
持って帰って北海道の子どもたちに見せるんだって
でも、手の中でプチッと潰れたそうです
初めて見る生き物に「可愛い」という
感情があったそうです
僕はゴキブリはダメですね
観念を無くそうにも無くせないですね

本田さんの穏やかな口調は
蛭子能収さんに通ずるものがあります
070925_img_1


|

« 柔道界の激震 | トップページ | お餅つき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/43299664

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本作家、本田哲也さん来たる:

« 柔道界の激震 | トップページ | お餅つき »