« 湯布院のロールケーキ | トップページ | 激走!スープラ »

爆走!スープラ

平成5年にトヨタのスープラが
フルモデルチェンジしました
800pxred_supra
3ナンバー専用ボディが与えられ
北米マーケットを意識したスタイル
トヨタの往年の名車
トヨタ2000GTの再来を掲げ
800pxtoyota_2000gt
コンセプトはトヨタ3000GT
エンジンのポテンシャルは
当時自主規制いっぱいの280馬力
トルクは国産車最高の44キロ
スカイラインGT-Rとは一線を画す
グランドツーリングカー的な存在

平成8年4月にマイナーチェンジ
ドアのアーチ形状を微妙に変更したおかげで
レカロ社のバケットシートが
工場ラインで装着可能になり
RZでは標準装備となりました
で、5月19日にRZを契約
納車は7月12日です
僕の中での競合車は
R33のGT-Rと
800pxnissan_skyline_r33_gtr_001
FD3Sのセブン
800pxmazdarx7fd
性能的にはGT-Rやセブンなんでしょうが
80スープラのコクピットのデザインに惚れ
運転してる感やワクワクを一番強く感じ
少々重いボディは気になるものの
国産車最強の分厚いトルクが魅力
6速MTやレカロシート、巨大なリアスポイラー
存在感が際立つワイドボディに惹かれ
スープラに決めました
Photo_3

いわゆるドッカンターボじゃなく
NA(自然吸気)のようになめらかな加速
でも、すんごく力強くて
低速域で1個目のターボが効き
中速域で2個目のターボが効くと
押し出されつつ引っ張られる感覚が官能的で
当時の市販車としては感動モンです
日本で初めて採用された
ゲトラグ社製の6速MTですが
街乗りではせいぜい4速しか使いません
嫁さんは5速以上入れたことありません
ただ2速と3速のシンクロが弱かったので
美味しいところで水を差す感はありましたね
当時では珍しくビルシュタインの
倒立ダンパーも標準でした
Photo_2

高速安定性はすこぶるよくて
当時のセルシオと比較しても遜色ないほど
まあ、セルシオで高速走行したことないんで
あくまでも予想でしかありません
純正のサスは思ったほど硬くなく僕好み
タイヤは純正でフロント225リア255で17インチ
当時としては超極太タイヤです
Photo

長くなるんでつづきは明日にします


|

« 湯布院のロールケーキ | トップページ | 激走!スープラ »

コメント

やっぱり私は…R34スカイラインの青が大好きですheart04あのスタイル・エンジン音それだけでもサイコーなのに…この前物凄いカッコイイ人が乗ってて思わずみとれちゃいましたconfident
あぁ一回で良いから…運転してみたい……憧れの車です。

投稿: 志庵 | 2011年7月 5日 (火) 00時09分

>志庵さん
R34の青はイメージカラーでしたもんねnotes
なんかあのリアのデッカイスポイラーはおもちゃのような感じでしたねhappy02
今のGT-Rはすっげえお値段高いから一般人には手が出ませんねcrying

投稿: とーる | 2011年7月 5日 (火) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/40643358

この記事へのトラックバック一覧です: 爆走!スープラ:

« 湯布院のロールケーキ | トップページ | 激走!スープラ »