« 長崎ちゃんぽんを求めて | トップページ | 100万キロへの道のり »

久しぶりの後輩

以前、僕が働いていた会社で
中途採用の後輩(女性)がいました
彼女は僕を先輩として慕ってくれ
すごく懐いてくれてました
僕もまた後輩として可愛がっておりました
しかし、彼女は諸般の事情で
約半年で会社を辞めちゃいました
半ばクビのような感じで辞職

今から10年くらい前に
某ショッピングセンターに家族と出かけ
ウルトラマンの類のショーを観てたら
彼女から、ふと声をかけられましたが
僕は彼女とは気づきませんでした
あまりにもスリムになっていたためです
体重は40キロないのでは?というほど
別人のようになっていました
でも、彼女とわかり
久しぶりに会話をかわし
住所を交換して別れました

数日後、彼女から手紙が届き
その後、彼女とは
年賀状のやり取りをしています
3~4年前に会うきっかけがあり
それ以降はメル友としてお付き合い
現在、彼女は暴力をふるう旦那さんと別れ
ひとりで4人の子どもを育てています
子どもが手術・入院することになり
会社を長期休暇せざるを得なくなったのですが
悲しいことに会社はクビになりました
彼女は資格を身につけたいということで
若い人に混じって資格獲得に向けて
寝る間も惜しんで励んでいます

そんな彼女とメールのやり取りで
久しぶりに飲みに行くことになりました
前々から飲みに行こうと言ってたのですが
お互いの都合が合わず3年越しの実現
で、僕は彼女の住まいの近くの
焼鳥屋さんを提案したのですが
女性にはウケが悪いのでしょうか
こんな返事がきました
P6160004

僕は「いいよ」と返事をすると
P6160003_2

こんな返事が
P6160003
こ、個室ぅ?

た、高いのかな
てか、高そうだな

とりあえず返事をしました
P6160005_2

僕はネットでお店を調べました
ビックリするお値段の料理もありましたが
ありきたりのお値段のモノもありました
ちょっとお値段高目かなあ
調子に乗って頼まないようにしとこ
ワリカンってわけにはいかないかなあ

とりあえず、日にちも決まりました
無事にその日を迎えられるかどうか
急用でキャンセルもあり得るからなあ
まあでも楽しみです
一緒に飲むのなんて
僕の記憶が正しければ19年ぶり
平成4年の10月か11月に飲んで以来
ふたりで飲むのは初めてじゃないかなあ
いつも、他の同僚がいたから
ま、何にしても楽しみです
あ、終電に乗り遅れないようにしなきゃ
時刻表チェックを忘れずに!

昔のアルバムを開くと
社員旅行でのツーショットがありました
P1100856
服装のセンスが笑えます

これは支店が優良表彰された時の写真
P1100859
懐かしい思い出です


|

« 長崎ちゃんぽんを求めて | トップページ | 100万キロへの道のり »

コメント

とーるさん
これって、やばくない?
私は自身無いなー(何が?・・・)

投稿: 小日本の牛乳屋 | 2011年6月23日 (木) 18時28分

>小日本の牛乳屋さん
普通にお食事して飲むだけなんでやばくないですよhappy01
嫁さんにも誰とお出かけすると伝えてますしwink

投稿: とーる | 2011年6月24日 (金) 06時13分

とーるさんの奥様は女性の鏡ですね。
私には真似出来ないなぁ……私はヤキモチ焼きですぐ泣くので…旦那さんの過去の女性関係の話しは……今だに…深く聞けませんcoldsweats02coldsweats02

投稿: 志庵 | 2011年6月25日 (土) 00時10分

流石オープンハートとーるさん♪
ホント、1つも黒い噂が聞こえてきません(イヤ、マジでshine

私はチョイチョイホントの事と言わなくても良い事を混同して嫁ハンに伝えますw
嫁ハンは半分信用半分胡散臭そうに私を観察していますbleah

昔話に花咲く楽しい1日になるといいですネgood

投稿: キャッシー☆ | 2011年6月25日 (土) 14時17分

>志庵さん
何もやましい間柄じゃなく、ただの後輩なんで、普通にご近所のお母さん友達とお出かけする感覚ですよconfident

>キャッシー☆さん
一緒に働いたのはわずか半年しかないので、昔話を懐かしむというより、記憶をたどっていく作業になりそうcoldsweats01

投稿: とーる | 2011年6月25日 (土) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/40446220

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの後輩:

« 長崎ちゃんぽんを求めて | トップページ | 100万キロへの道のり »