« ナイスな発案の打ち上げ | トップページ | タバコのメリット »

揺れる金融業界

大手消費者金融の武富士が
会社更生法を申請して
過払金の行方が気になるところであります

以前、僕は消費者金融業界で
働いていました
消費者金融とはいわゆるサラ金です
その会社は僕が在籍していた当時は
業界で4位くらいだったので大手です
入社式前に7泊8日の
新入社員導入研修がありました
その際に出資法と利息制限法について
説明がありました
出資法は年利が40.004%(僕がいた当時)
利息制限法は元本が10万円未満で年利20%
元本10万円以上100万円未満は18%
元本100万円以上は15%と教わりました
で、僕がいた会社の年間利息は
29%で業界で一番低い金利でした(当時)
29%の金利は出資法の金利を下回ってるものの
利息制限法の金利は超えてる
なぜ金利の違う2種類の法律が
存在するのかわからず
会社はなぜ金利が高い方の出資法を採用してるのか
そのことに疑問を抱いた僕は質問を投げかけた
会社側の説明は
利息はどちらか高い方の法律を採用していいことになってる
と、イマイチ根拠がわからない説明であったが
新入社員の僕よりも
プロ中のプロが説明するのだから
納得いかなくてもあっさり信用してしまった
しかし、その2つの法律の解釈の違いが問題になり
グレーゾーン部分の金利が過払いであると
司法の判断が下り
各社とも過払い請求の対応に追われ
倒産の危機に直面しています
僕は、17年前に会社を辞めましたが
いつかこうなる日が来るだろうと思ってました

かつて、消費者金融業界に籍を置いた身として
貸す方も借りる方もどっちもどっちだと思ってます
フツーお金を借りるなら銀行でしょ
わざわざ金利の高い消費者金融から借りるには
銀行から借りることができないヒトが多いです
もちろん、簡単な審査で気軽に入出金できる
そういう理由で出金される方もいらっしゃいますが
大半はお金に関してちょっとどうよ?
て感じのルーズだったりヤバい人が多い
会社の社長さんで融資を望む人もいますが
確実に銀行融資が止められてるって感じです
そんな人は延滞して不良債権化は目に見えてます
お客さんにの中は他社からも借入されてる
いわゆる多重債務者の方も多く
僕がいた会社の社内基準では
他社からの借り入れが3件の150万円以内なら
新規に貸付が可能でした(当時)
仮に他社借り入れが150万円あるとすると
毎月の約定返済金額は6万円くらいです
利息だけでも毎月4万円弱です
利息だけ返済しても元本は減りませんからね
これだけ返済しなければならない人にさらに貸し付ける
フツーに考えると他にも車のローンとかあると思いますんで
フツーの人じゃ返済しきれない金額の負債です
確実に所得と支出とのバランスが狂ってますし
この他社の負債ががあっても貸付オッケイ
というシステム自体が破綻しています
このような多重債務者は確実にドツボにハマってます
初めのうちは計画的に返済の意思があったかも知れませんが
そのうちに収支のバランスが崩れ
返済不能になり長期延滞し、生活は乱れ
返済の意思が消失してきます
こんなお客さんは稀ではありません
貸す方も貸す方ですが
借りる方も借りる方だと思います
もちろん、優良なお客さんもいらっしゃいますよ
でも、ほんのごく一部ですね

|

« ナイスな発案の打ち上げ | トップページ | タバコのメリット »

コメント

武富士と言えば、昔…レオタード着た女の人が踊ってた記憶があります。最近は、CMに芸能人を使ったりしてかなりイメージが変わりましたね。タモさんが出演してるのは1番の衝撃で、今だにピンと?きませんが……やはり何でもバランスですね。欲しい物は頑張って貯めて買う。大切にするが基本ですね。

投稿: 志庵 | 2010年10月 4日 (月) 23時13分

あのレオタード軍団は衝撃的で一世を風靡しましたね。ただ、なんのCMなのかなぜレオタードなのかコンセプトは不明でした(汗)
欲しいものは何でも買うのが問題だし、自分の所得以上の買い物をしては身を滅ぼすといった基本的なことをわかってない人が多いですね。

投稿: とーる | 2010年10月 5日 (火) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/37064839

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れる金融業界:

« ナイスな発案の打ち上げ | トップページ | タバコのメリット »