« 合格のご褒美 | トップページ | ジャニソン »

海峡ウォーク

4月11日に下関最大のウォーキングイベントの
『維新海峡ウォーク』が開催されました
高杉晋作の墓所である東行庵から
JR下関駅前までの30キロコースと
北九州市のJR門司港駅までの28キロコースがあります
25回を数えるこのイベントは
日本でも屈指のウォーキングイベントであり
この種のイベントでは高齢者が多いのが特徴であるけども
『海峡ウォーク』は年齢に偏りがなく老若男女が参加します
ここ数年参加者は2万人を超えてることになってます
主催者発表では今年の参加者は2万人
実際は1万人くらい
ちなみに昨年は2万7千人くらいと発表されたけど
実際はその半分くらいです
参加者の水増し理由はいろいろとあるみたいです

で、『海峡ウォーク』では各地に関所を設けて
バザーなどを出店して地域の活性化に
つなげようとしておりまして
うちの近くでも小学校が関所となっており
毎年各団体がバザー出店をしており
その利益を活動資金に充てています
僕も以前は『海峡ウォーク』に参加して歩いてましたが
ここ7年くらいはバザー等の仕事があります
今年もバザーの運営があったのでバザーに参加

P4110077

バザーの準備をしていると
元内閣総理大臣の安部晋三さんがやってきた
選挙が近いからでしょう
実弟の岸信夫さんを従えていました
さすがに安部さんの人気は素晴らしい
あちこちで写真撮影ラッシュ
地元では盤石ですね

P4110002

わがやの場合、ウォーキングには
長男(中3)が友達数人と一緒に参加
次男(中1)も友達数人と参加
三男(小2)は次男のグループと一緒に参加
嫁さんは三男の付き添いで参加
で、嫁さんと三男は途中でリタイアするだろうから
僕はバザーが終わったら嫁さんと合流して交代し
次男グループと一緒にゴールを目指す予定でした
バザーが終わって嫁さんと合流したのは
スタートから約20キロ地点
嫁さんは当然リタイアだったのだけど
三男はゴールを目指すというのです
途中何度も足が痛いというものの
『リタリアしない』と言う
『リタイアやし!』とツッコめないほどやる気に満ちてる

P4110106

28キロ地点でみんな疲労が隠せない
小2の三男は中1軍団よりも元気だったのだけど
極端にきつそうな表情
まあ、7歳だからしかたないよね
あと300メートルくらいのところで
三男がまともに歩けないほどペースダウン
僕がおぶってゴールすることも可能だけど
それじゃ完歩しても意味をなさないので
あえて手は貸さない
ウォーキング中手はずっとつないでいたけど
歩くという行為は本人の力のみ
最後は全員そろってゴール
中1のみんなもよくやったけど
三男はほんとによく頑張った
すごいです
僕はたったの10キロしか歩いてないのに
思いのほかバテました
まあ、バザーで疲れたからと言い訳をしております
P4110134

|

« 合格のご褒美 | トップページ | ジャニソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/34200299

この記事へのトラックバック一覧です: 海峡ウォーク:

« 合格のご褒美 | トップページ | ジャニソン »