« 工藤静香と木村拓哉 | トップページ | 近づく山口国体 »

日清のインスタント食品

日清食品は世界初のインスタントラーメンを開発し
その後もインスタントラーメンを日常生活に溶け込ませ
世界のNissinへと成長を遂げた

日清食品には小さいころからお世話になっています
僕が初めてチキンラーメンを食べたのは5歳のとき
ばーちゃんちに泊まりに行って
イトコとナマのままボリボリ食べました
チキンラーメンはそのまんまでも食べられるんです

カップヌードルを初めて食べたのは7歳の時かな
家族旅行でフェリーに乗ってるときに
フェリーの中の自販機で買って
フェリーの中のテレビで『遠山の金さん』を
見ながら食べましたね

小学校高学年になってからは
自分でインスタントラーメンを調理してたんですが
調理というほどのことでもないですけど
ごまラー油でおなじみの『出前一丁』にハマりましたね
あの風味がめっちゃ好きでした

5年生のときにはピンクレディの
おなかと背中がくっついた~
食べたくなったらゆっほ~
てCMでブレイクした『U.F.O.』
それまでインスタントの焼きそばといえば
フライパンでお湯を沸かして作る
『日清焼そば』だったんですが
カップめんで焼きそばを作るというのが画期的
『日清焼そば』も大好きでしたが
『U.F.O.』も大好きになりました

その後も『どん兵衛』や『ラ王』シリーズ
カップ版『チキンラーメン』と日清は生活に密着

チキンラーメンは今でもよく食べます
チキンラーメンはお湯を入れて3分方式じゃなく
鍋でお湯を沸かして1分派です
沸騰したお湯にチキンラーメンを入れ
40秒くらい経ったところで
しっかりかき混ぜたとき卵を入れて
煮立たせて麺を入れてから1分たったところで
火を消します
すると卵が空気をいっぱい含んで
ふわふわになってるからおいしい

僕が住んでる所から
車で5分のところに
日清食品下関工場があります
下関工場は僕が小学校2年生の時に建てられ
日清の自社工場4つのうちのひとつなんです
創業祭やチキンラーメン発売○○周年記念など
たまにイベントがあります

ちなみに日清食品と日清製粉、日清オイリオは
系列会社っぽいイメージがありますが
過去から現在に至るまで
資本・人材とも無関係で全くの別企業だそうです

|

« 工藤静香と木村拓哉 | トップページ | 近づく山口国体 »

コメント

日清のカップヌードルいいですね!
僕が小さいときに発売されたと思うのですが、デビュー当時は3種類の味と記憶しています!
①今でもある赤白の肉・海老・卵入りの醤油系オリジナル
②これも人気のオレンジのカレー味
③たしか緑色系のパッケージ?????

この③が誰に聞いても憶えていないのです!!
「茶そばじゃない?」なんて言われたこともあるのですが、、、、

バラ色のくじらさんは憶えておられませんでしょうか?

投稿: 神原の鹿! | 2010年1月31日 (日) 00時47分

オリジナルとカレーはわかりますが緑色系のパッケージは記憶にありません・・・
カレーって同時発売でしたっけ?
オリジナルよりちょっと遅れて発売されたような記憶がありますが・・・定かではありません

投稿: とーる | 2010年2月 1日 (月) 06時21分

失礼しました!同時ではないと思いますが、、、
カレー味が出た頃に、その次に出たのか???
とにかくスーパーで3種類売られていたのですが、当時人気がなく消滅したと思うのです、、、、
子供ながらに「好きではない」ということでカレーばかり食べておりました。
今、思うと何味だったのか?気になります!

他の友達に聞いても「あったような?何だったっけ?」となり気になるんですよね?

投稿: 神原の鹿! | 2010年2月 1日 (月) 12時33分

ネットで調べました!
ありましたね!緑のパッケージ
オリジナルの翌年の1972年発売で
その名は『カップヌードル天そば』だそうです
カレーはさらに翌年発売だそうです
天そばは人気がなくて早々と消滅したみたいです

投稿: とーる | 2010年2月 2日 (火) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/33176733

この記事へのトラックバック一覧です: 日清のインスタント食品:

« 工藤静香と木村拓哉 | トップページ | 近づく山口国体 »