« 運転中に聴きたい曲 | トップページ | 木村拓哉の心境の変化 »

ずうとるび

ずうとるび って知ってますか?
僕の中ではフォーリーブスもどきという
イメージを払拭できません
名前の由来は
ビートルズのビとズを入れ替え
ズートルビにしたものを
ずうとるびと表記したのです

そーゆーわけで本日のテーマはビートルズです
僕がビートルズに傾倒するようになったのは中学2年
ビートルズのデビューは1962年(昭和37年)です
ビートルズが来日して日本武道館で公演したのが
1966年(昭和41年)で解散したのが1970年(昭和45年)
僕が産まれたのは1967年(昭和42年)なので
リアルタイムでビートルズの音楽に触れたという記憶は
これっぽっちも残っておりません
けれども、ビートルズの音楽に触れる機会はあったのです
テレビのCMやポンキッキなどで流れてたんですね
小さいころはそれがビートルズだとは知らなくて
ただ耳に入ってくる音という程度でした

中学2年の3学期にクラスメイトのゲル(仮名)から
ビートルズを勧められ、聴かされた
1982年(昭和57年)1月のことだ
最初は正直ワケわからん英語の曲なんて
カッタルイと思ってたんですよ
でも聞いてるうちにスウーーッと溶け込むんですよ

歌ってるのはジョン・レノンとポール・マッカートニーだという
ジョン・レノンの名前は聞いたことある
そう1年ちょっと前のある事件
1980年12月8日
ジョン・レノンが凶弾によって倒れ死亡したというニュース
ビートルズを知らなくとも
世界を震撼させたそのニュースは僕にとっても衝撃的でした

数ヵ月後にあるテレビ番組がありました
『あなたが選ぶビートルズベスト30』みたいなタイトルで
視聴者からのリクエストのはがきを元に
得票数の多い曲を下位ランキングから発表するという企画
僕にとってはかなりの衝撃的な番組
僕が物心つく前に解散してしまったビートルズ
今みたいに見たいものがあれば
DVDを買うなり借りるという手段があるけども
当時は映像を見たくてもテレビで放映されない限り
見たくても見ることができないから
そういうチャンスを逃さないようにしなきゃなんない
動いてるビートルズを見るのはかなりエキサイティングだ
当然ながらほとんどがモノクロ映像
時代を物語ってる

14歳当時の僕が見た15年くらい前の映像は
ノイズが多くとても古ぼけて古臭く思えて
とてつもなく遠い過去の画に見えた
今14歳の子供たちが15年位前の映像を見て
どういう印象を受けるだろう
15年前でもカラーで画質も充分キレイだから
14歳の時の僕が思った古臭さよりも
今の14歳はさほど古臭さを感じないのではないかな
それはモノクロとカラーの違いも大きいと思う

15年前といえばWANDSがブレイクしたころだ
B’zも初期から中期へ移行するころで
小室哲也のサウンドが開花するころですね
ミスチルもこのころからメジャーになったっけ

その時代にすでに社会人として働いており
結婚もしていたので
僕にとっては、つい最近という印象だ

|

« 運転中に聴きたい曲 | トップページ | 木村拓哉の心境の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/32535399

この記事へのトラックバック一覧です: ずうとるび:

« 運転中に聴きたい曲 | トップページ | 木村拓哉の心境の変化 »