« 絵本の読み聞かせ3 | トップページ | さくらんぼ »

山口きらら博

『山口きらら博』という地方博覧会をご存知でしょうか
2001年に山口県内で開催された博覧会です
メインイベントを山本寛斎がプロデュースし
『いのち燦(きら)めく未来へ』というタイトル字は
片岡鶴太郎が筆を執った

ほぼ同時期におとなりの福岡県北九州市で
『北九州博覧祭2001』という地方博覧会が開催
こんなに近い場所で博覧会をしたら集客範囲が競合する
かたや県人口が500万人を超える福岡県で
開催地は100万人弱の人口を誇る北九州市で
開催場所はスペースワールドというテーマパークの隣で
立地条件には恵まれてる
一方、山口県の総人口は145万人で
開催地は郡部で田園風景が広がるのどかなところ
周辺道路が整備されたとはいえ、交通アクセスもよくない
間違いなく北九州に食われる
山口県の博覧会は不利だ
大方の予想はそうだった

しかし、蓋を開けてみると
山口県のほうは連日大盛況で
観客動員数は79日間で250万人超で大成功をおさめた
北九州はというと前半大不況だったため
後半は大々的に宣伝をし、格安プランを実施した結果
124日間で215万人超で予想外の結果に終わった

山口県の博覧会成功には全国的に誉められたことがある
徹底してゴミを分別し、期間中1トンしかゴミが出なかった
僕も2度ほど行ったのですが
ボランティアの皆さんの細かな分別はハンパない
実にクリーンな博覧会であった

観客動員は200万人の目標を大きく突破
マスコミでも取り上げられました
でも、これにはカラクリがあります
県は博覧会の開催前に前売り券を
ありとあらゆる手段で売りつけました
県内の業者はカッコウの餌食です
うちの会社も30万円分くらいは買わされた
買わされたという表現は適切ではないかもしれませんが
購入に際して拒否権はありませんので買わされたのです
で、ほとんどの企業は社員に無料配布したと思います
福利厚生費で会計処理したものと思われます
僕にも会社からチケットが無料でまわってきました
家族で2回ほど行けるほどチケットがもらえました
博覧会が開催される前にそういう手段で販売した結果
前売り券を150万枚売り上げたので
この時点で営業的(おカネ的)に失敗はないのです

このやり方がいいのかどうかはわかりませんが
県はこのイベントで
大成功と全国的にもてはやされ
イメージアップもできたことでしょう

|

« 絵本の読み聞かせ3 | トップページ | さくらんぼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/32274269

この記事へのトラックバック一覧です: 山口きらら博:

« 絵本の読み聞かせ3 | トップページ | さくらんぼ »