« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

インフルエンザ事情

世間をお騒がせしているインフルエンザ
ちょっと騒ぎすぎの様相ではあります

季節性インフルエンザの死亡率は0.05~0.1%
新型インフルエンザの日本での現在の死亡率は0.001%
騒ぎすぎです

各教育機関も学級閉鎖、学年閉鎖、学校閉鎖で
まともに学習時間を確保できない状態
てか、例年より学校閉鎖とかの基準が緩いような気がします
感染のスピードが速いから早めに手を打つんでしょうか
なにはともあれ国民はマスコミに踊らされてます

交通事故で亡くなる方のほうが圧倒的に多いし
交通事故での死亡率がはるかに高いと思います
でも、死の病のように大騒ぎ
いや、騒いで医療機関でのバックアップ体制が取れてるから
こんなに低い死亡率なのかも

山口県のインフルエンザ発症率は
全国4番目の高さだそうです
山口県内でも下関市は群を抜いて発症率が高く
全国トップクラスだそうです

下関でインフルエンザで騒がれはじめたのは9月ごろ
長男(中2)が通う中学校が学校閉鎖になったのが10月中旬
このとき中学校では100名以上がインフルエンザ発症
その後、次男と三男が通う小学校で学年閉鎖と学級閉鎖
11月になってやや落ち着きを見せて
このまま収束に向かうのかと思ったんですが
ここにきて一気に火がついた感じで
隣とその隣の校区の小学校がそろって学校閉鎖
反対の隣の小学校は学年閉鎖と学級閉鎖
次男(小6)の隣のクラスが学級閉鎖から開けたら
次男のクラスが学級閉鎖
他の学年も学級閉鎖が増えてる

そんな状況の中、末っ子(小1)がインフルエンザ発症
翌日、僕もインフルエンザ発症
さらに翌日、末っ子のクラスが学級閉鎖
今度は長男がインフルエンザ!
翌日、中学校の1年と2年が学年閉鎖で
期末テストの日程が変更
んで、次男のクラスが学級閉鎖から開けた日に
19名欠席で再び学級閉鎖
末っ子のクラスは感染者拡大中で
学級閉鎖期間の延長

そんなこんなでわがやの3人はそろって学校に行けない
異常事態です
各種行事も軒並み中止です
でも、これからがインフルエンザ本番
騒ぎすぎですと言ってられないくらい異常事態
もはや学校崩壊状態
授業時間が不足する分、平日7時限にするとか
冬休みが短縮するとかいろいろ案があるそうです
早く落ち着いてほしいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デートのお相手は?

僕のケータイはきせかえをダウンロードしており
背景はキティちゃんです
ケータイはピンク色で
ストラップはジャラジャラ
40過ぎのおっさんのケータイて感じじゃありません

先日、リビングでテレビを見ていたら
うちの小学1年の末っ子♂が突然
『デートや!』て叫ぶんです
『なになに?』て聞くと
僕のケータイを指さして
『デートや!』て叫ぶんです
僕のケータイのきせかえキティは
メールを受信するときの画面で
ハートがうにょうにょ動きます
そのうにょうにょ動くハートを見て
『デートや!』て叫ぶんです
ほっほう
君たちの間ではハート=デートなんだ
きっとクラスの中でそういうのが流行ってんだね
『デートって何?』て尋ねると
『女の人といっしょにおること』
なるほどね
まあ、当たってるわな
たか、なんか発想がカワイイっす
末っ子は『おとうさん誰とデートするん?』て言います
きっと、そのブームは今のうちでしょうね

数日後、またまた末っ子が
ケータイメールしてる僕の姿を見て
『デートや!』て叫ぶんです
な、なんだまだ入力中やぞ!
受信してないぞ!
末っ子はケータイの背面を指さして
『デートや!』て叫ぶんです
ああ、なるほど
僕のケータイの背面には
デコレーションでハートがたくさんちりばめているんです

とても40過ぎのおっさんのケータイて感じじゃありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入籍しました

先日ある女性からケータイメールが届きました
『入籍しました』と

彼女は元幼稚園の先生
彼女が短大を卒業して
新米幼稚園教諭として
うちの長男の担任の先生になった
当時うちの長男は幼稚園の年中さん
はじめて彼女を見たとき
世間のことを何にも知らないお嬢さんて感じ
このコ大丈夫かな
ちょっと不安でした

彼女は年長でも担任となり
翌年は次男の年中時
さらに翌年の年長時と
わがやは4年連続で担任に
この間、僕も幼稚園行事等でいろいろ話をするようになり
彼女ともすっかり仲良くなりました
メールのやり取りが始まり
いろいろ相談事にも乗ったり

次男が年長時の音楽発表会で
いつも子どもたちが歌うんだけど
たまには親にも歌ってもらおうという企画があり
お母さん方が歌うコーナーと
お父さん方が歌うコーナーがありました
お母さん方は普段から練習を重ねてきましたが
お父さん方は普段集まることができないので
練習なしのぶっつけ本番です
課題曲はだれでも知ってる『鉄腕アトム』です
僕は普段から子どもに『大きな声』で歌うように言い聞かせてる分
僕も『大きな声』で歌わなきゃ示しがつかない
そんなわけでめっちゃ声を張り上げて歌い切りました
正直、まともに歌ってるのは僕くらいのもの
そして、伴奏は彼女
彼女は僕の声しか聞こえなかったと言ってました
そして、このお父さんが歌うという企画
きっと僕なら『大きな声』で歌って応えてくれるはず
そう思って彼女が企画したそうです

次男が卒園した翌年、彼女は近くの幼稚園に転勤
その後もケータイメールのやり取りは続いた
園児のことや保護者のこと
園内の些細なトラブルなど相談に乗った

新採のころから比べると
驚くほどしっかりしてきた彼女
様々な経験に裏付けされた自信の表れでしょう
経験値が人を育てます

そんな彼女が結婚のため
仕事を辞めたと聞いたのは今年の春
彼の住む街へ引っ越して一緒に暮らすとのこと
彼女はちょっぴり遠くの街へ行ってしまった
でも、彼女が幸せになってくれると僕もうれしい

あ、そうそう
そういえば以前こんなこと言ってた
僕は彼女の元彼にそっくりなんだって
なんかビミョーですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマンのお小遣い

先日のニュースで
最新のサラリーマンのお小遣いの
平均額が発表されました
昨年より下がって
3万5千円だそうです

すごい
みんなそんなにもらってんのか
僕なんかうんと低いぞ

まあ、一口にお小遣いと言っても
どこまで含まれてるかですよね
3万5千円でも昼食代や交通費、衣料代も含まれてたら
けっこうキビシイかもね
僕の場合、昼食は嫁さんの手作り弁当があるし
衣料品なんかは家計の方で買ってもらえるため
お小遣いはすべて自分のことに使える
といっても、お小遣いの使途は
ほぼ飲み会で消えるので
自分のために何かを買うことはほとんどない
9割くらいが交際費だ

僕はふだんは全然お金を使わないので
1週間財布を触らないこともザラ
飲み会が続くと赤字になり
嫁さんに援助を頼むこともあるけど
飲み会がないときは
来るべき飲み会の多いときに備えて貯蓄をします
先月のお小遣いなんてほとんど使ってない
12月に忘年会とかがあるんで
今月の飲み会のないときに貯えないとね
結婚して今までで1番お小遣いを使わなかった月は
350円しか使ってません
小学生レベルですね
このくらい使わないと翌月はちょっと裕福です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後世に残したい昭和の実写マンガ

僕が勝手に思ってる後世に残したい実写マンガです
昭和限定で平成は含まれておりません

宇宙鉄人キョーダイン
がんばれ!ロボコン
がんばれ!レッドビッキーズ
それいけ!レッドビッキーズ
5年3組魔法組
コメットさん(大場久美子版)
人造人間キカイダー
レインボーマン
ロボット8ちゃん
アクマイザー3
秘密戦隊ゴレンジャー
飛べ!孫悟空
電人ザボ-ガー
燃えろアタック
大鉄人17
スパイダーマン
仮面の忍者赤影

まだまだあるかもしんないけど
思いついたのはこれくらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コームイン

下関市役所には数年前から
毎週水曜日はイメージ時を和らげるため
職員はカジュアルな服装で勤務します
こんな貼り紙がい当たるところに貼ってました

市役所の職員はお堅いイメージがあるので
それぞれ私服で職務に当たり
親近感をアピールしようということなのでしょう
水曜日に市役所に行くと
ほとんどの職員の方は私服なので
職員を示すネームプレートを首からぶら下げてなきゃ
職員なのか一般の人なのかわからない

たしかに、お堅いイメージの払拭はできたでしょう
でも、中にはカジュアルな服装解禁をいいことに
くだけすぎてる格好の人もいます
それは仕事する格好やないやろう?
そんな職員が増殖しました
アクセサリーもジャラジャラな人もいますし
その髪型は一体どうしたんだ!
ていう、スットンキョウな髪型の人もいます
最近はオシャレってことを全面に出してるんでしょうけど
フザけた形のヒゲを生やしてる若人もおり
その出で立ちで接客は相手に失礼だろうってカンジです
まあ、これは公務員とか関係なく
社会人として外部の人と接する機会があるならば
ある程度ちゃんとした格好をしないと
その人だけじゃなく会社全体の評価も下がります
工場などにこもって作業をして
一日中、外部の人とあまり接しないなら
格好は少々乱れててもかまわないかもしれませんがね

まあ、人のことをとやかく言える出で立ちではありませんが
僕もそこそこいろんなとこがフザけていますが
仕事のときはそれなりの格好をしています
それなりにですが

数日前から、市役所に貼り紙が見当たりません
どうやら毎週水曜日のカジュアルな服装は廃止になったのでしょう
クレームでもあったのでしょうか
カジュアルな服装という方針を
過剰に受け止めすぎて実践してる人がいたから
制度が廃止ないなったのかなって思ったりします
経緯はわかりませんが

公務員の方を責めるつもりはさらさらありませんが
最低限の自覚ってものがないと納得しない市民は多いと思います
別に気まじめになれとは言いません
ある程度の常識的な自覚でいいと思います

いつもいつも、9時前後という職務時間中に
食堂で朝食を摂る上の役職の方もいますし
上の方の役職者だから誰も何も言わないのかな
職務中に平気でパソコンゲームをしてる職員もいますし
それを咎めない上司や同僚たち
民間企業と違って職務に燃えなくても
クビにもなんないし勤務先の倒産なんてなし
リストラだってない
実際は一生懸命頑張ってる職員が大半なんですけど
一部のそういう人たちのおかげで
『まったく公務員は!』と槍玉に挙げられる
損な立場ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらんぼ

笑顔咲くぅ 君ぃとぉ つぅながあってたいぃ
もぉしぃ あの向こうぉぉに 見えるもぉのがあるなら
愛し合うぃ ふぅたぁぁり しぃあわせなぁ空
とぉなりどおし あぁなぁたぁと あぁたしさくらんぼ

ちょっと前のことです
お世話になってる先輩と飲み会で一緒になり
二次会に行こうと誘われた
二次会のスナックの滞在時間は30分程度
その後、三次会へ

初めて行くスナックだ
中へ入ると僕と先輩の共通の知人がいた
彼は一人で飲んでいた
そのテーブルに僕たちは着いた
先輩は上機嫌で知人に語りかける
『ヒロキ(知人の仮名)、楽しんじょるか?』
しばらく時が流れ
先輩がヒロキに
『○○温泉に行ったあの旅行、何年前になるかのぉ?』
ヒロキは『17年前です』
先輩『そっか、もう17年か。早いのぉ
そおいや、お前が童貞捨てた思い出の旅行やな』
ヒロキ『ははは、そうっすね』

す、すごい
そんなシークレット性の強い話題を
惜しげもなく僕の前でも語る先輩の偉大さ
てか、そんなカミングアウトを聞いてよかったのだろうか
つか、キミその歳(20代半ば)まで童貞だったんだね
なんとコメントしてよいやら

別に童貞でもいいと思います
頭ではそう思ってますが
ちょっぴりキモいという単語が頭の中をよぎりました
いや、いいんです
好きな人とのために大切に取っておくのは
素晴らしいことです
あ、でもヒロキはフーゾクで卒業したみたいなんで
どうなんでしょう

その昔、僕が高校生の頃
『童貞物語』て映画がありました
主人公のニックネームが『ムキンポ』
ビミョーです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口きらら博

『山口きらら博』という地方博覧会をご存知でしょうか
2001年に山口県内で開催された博覧会です
メインイベントを山本寛斎がプロデュースし
『いのち燦(きら)めく未来へ』というタイトル字は
片岡鶴太郎が筆を執った

ほぼ同時期におとなりの福岡県北九州市で
『北九州博覧祭2001』という地方博覧会が開催
こんなに近い場所で博覧会をしたら集客範囲が競合する
かたや県人口が500万人を超える福岡県で
開催地は100万人弱の人口を誇る北九州市で
開催場所はスペースワールドというテーマパークの隣で
立地条件には恵まれてる
一方、山口県の総人口は145万人で
開催地は郡部で田園風景が広がるのどかなところ
周辺道路が整備されたとはいえ、交通アクセスもよくない
間違いなく北九州に食われる
山口県の博覧会は不利だ
大方の予想はそうだった

しかし、蓋を開けてみると
山口県のほうは連日大盛況で
観客動員数は79日間で250万人超で大成功をおさめた
北九州はというと前半大不況だったため
後半は大々的に宣伝をし、格安プランを実施した結果
124日間で215万人超で予想外の結果に終わった

山口県の博覧会成功には全国的に誉められたことがある
徹底してゴミを分別し、期間中1トンしかゴミが出なかった
僕も2度ほど行ったのですが
ボランティアの皆さんの細かな分別はハンパない
実にクリーンな博覧会であった

観客動員は200万人の目標を大きく突破
マスコミでも取り上げられました
でも、これにはカラクリがあります
県は博覧会の開催前に前売り券を
ありとあらゆる手段で売りつけました
県内の業者はカッコウの餌食です
うちの会社も30万円分くらいは買わされた
買わされたという表現は適切ではないかもしれませんが
購入に際して拒否権はありませんので買わされたのです
で、ほとんどの企業は社員に無料配布したと思います
福利厚生費で会計処理したものと思われます
僕にも会社からチケットが無料でまわってきました
家族で2回ほど行けるほどチケットがもらえました
博覧会が開催される前にそういう手段で販売した結果
前売り券を150万枚売り上げたので
この時点で営業的(おカネ的)に失敗はないのです

このやり方がいいのかどうかはわかりませんが
県はこのイベントで
大成功と全国的にもてはやされ
イメージアップもできたことでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本の読み聞かせ3

適度な頻度で息子たちが通う小学校に
絵本の読み聞かせに行ってます
今回僕の担当は1年生で
うちの三男がいるクラス
チョイスした本は『おしいれのぼうけん』

00005740

この本は僕が小学校2年か3年のときに
夏休み前に課題図書として購入した作品です
当時購入した本は紛失してしまったので
7年くらい前に長男が小学校に入学したころに
新たに購入しました

この作品はちょっと長いんですね
練習で読んだら17分くらいかかりました
読み聞かせの時間は朝学の時間帯で約15分
2人1組のペアで入るため
一人当たりの持ち時間は7分程度
事前に今回僕とペアを組む方から電話があり
何を読むのか尋ねられたので
長いけど『おしいれのぼうけん』にしようかと思ってますと言ったら
『わたしもその本大好きですからぜひ読んでください!』
僕がこの本を読むということは
彼女の読む機会を奪い取ることにもなる
けれども彼女は心の広い方で
ぜひ僕の読む『おしいれのぼうけん』を聞きたいと言ってくれた

当日、僕はいつものように
『おはようございます』と朝のご挨拶から始まった
朝ご飯はちゃんと食べてきたかなどと話しかけ
まずはコミュニケーション
ホントは長いお話なんでそんなこと話してる場合じゃないんだけどね
今回この本を読むにあたって
みんなは押入れを知っているのか尋ねた
知らなかったら意味ないし
まあ、みんな知ってたのでよかった

いよいよ読み聞かせの始まり
話が長いから少しでもみんなが絵本に集中するように
全員をなるべく前に集めて
全員にちゃんと絵が見えるように
みんなの顔を何度も確認しながら読んだ
ペアを組んだ彼女は教室の後ろで僕の話を聞いていた
どの子にも絵が見えることを重視したため
僕は窮屈な姿勢で読むことになり疲れとの戦いだった
時間を気にしていたため
やや早口気味に読んだ
読み終えたとき時間は18分を超えていた
でも子どもたちは驚くほどの集中力で
話にのめり込んで聞いてくれていた
途中、笑ったり、驚いたり、ツッコミがあったりで
読み手にとってうれしい反応があり
僕も楽しませてもらいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気図作成クラブ

僕の母校である中学校ですけど
僕が在籍当時に
正課クラブで『天気図作成クラブ』てのがありました
正課クラブっつーのは
週に1回授業時間にあるクラブ活動で
火曜日の5時間目だったかな
あの頃は

僕は友人に誘われて
2年のときに『天気図作成クラブ』を選択しました
特に気象や天気図に興味があるわけでもなく
『天気図作成クラブ』とはなんぞや
ちょっぴり怪しいニオイがする部を
ウケ狙いで選んでみました
正課クラブは第1希望から第3希望まで書くんですが
どう考えても人気なさそうな『天気図作成クラブ』
みごと第1希望が受け入れられました

部活は理科室で行われます
顧問のアベセンセが部員に白紙の天気図を配布し
あらかじめ録音しておいた天気概況のラジオを流します
ウラジオストック 晴れ 風力3 1024mb
ハバロフスク 曇り 風力7 1010mb
那覇 雨 風力9 980mb
てな感じでフィリピンあたりからソビエトまでの
気象情報をオッサンが淡々と話すのを
白紙の天気図に記入し等圧線などを記入し
天気図を完成させるというクラブ
このラジオが30分くらい余裕であります

センセはこの間、なんにもすることがなく
初めのころはちゃんと天気図が書けてるか見まわっていましたが
次第に隣の理科準備室にこもるようになりました
実にラッキーな状況
僕たちは真面目に天気図を書くなどしない
いつも遊んでました
センセの目を盗んでは外に遊びに行ったり
理科室の様々なモノを混ぜ合わせて
キケンな薬品のようなモノをつくったり
実に楽しい部活でした
遊べる部ということで
3年も『天気図作成クラブ』に入部しました
遊びは段々とエスカレートしていきましたね
ここでは多くを語るには不謹慎なのでやめときます

先日、仲良しのお母さん友達と話してたら
偶然、彼女も『天気図作成クラブ』入部していたことが発覚
彼女は僕の1コ後輩で2年、3年で入部してたそうだ
つーことは僕と2年間一緒だったわけだ
全っ然、知らなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐のライブに行こう!

嵐が今年でデビュー10周年
ベストアルバムも発売されて大ヒット御礼ですね
僕はレンタルで借りたんですけど
ほとんど曲を知ってましたね
てか、けっこうカラオケで歌ってる

あらためてアルバムを聞いてみると
ここ最近の楽曲の力の入れようが伝わってきます
作品に力が込められてるっていうか
数年前は手抜きじゃね?って感じがします

最近はスマップでは視聴率を稼げないからということで
嵐にシフトしつつあるテレビ界だそうです
でも、CDの売上的にはスマップの足元にも及ばないですね
例えばシングルのミリオンセラーでいうと
スマップが3作品に対して嵐はゼロ
確かに昨年は年間シングル売り上げランキングの
10以内に3曲入りましたけどセールス的には芳しくない
まあ、CDが売れない世の中だっちゅうこともありますけどね
ちなみに嵐の最大のヒット曲は
デビュー曲の『A・RA・SHI』なんですよね
実際、嵐の曲がセールス的に好調になったのは
『Love so sweet』あたりからで
『One Love』でブレイクしたって感じですかね
って、めっちゃ最近やん
CDのセールス面に限ってはそんなとこですね
余談ではありますが他のジャニーズのミリオンセラーは
キンキが4作品、修二と彰が1作品、カツーンが1作品
マッチが1作品、J-FRIENDSが1作品

嵐はライブもスマップよりもチケット入手が困難だそうです
スマップも年齢が高齢化し
中居と木村タクゾーなんかアラホーですもんね
ひところに比べてらかなり翳りがあります
それでもどこのドームライブも満員御礼なのはすごいですね
スマップのすごいとこはひとつのドームで3DAYSくらいを
平気で満タンにしてしまう底ヂカラですね
ちなみに昨年僕はスマップの福岡ドームライブの
3日間の2日目に行ったんですけど
衰え知らずって感じでしたね
知人は初日と3日目に行ったそうです
別の知人は福岡3日目と東京ドームに行ったそうです
日本のアーティストでライブの観客動員数が
唯一1000万人突破してますからね

で、最近僕のまわりでもちょっとした嵐ブーム
いろんなお母さん方が嵐の話題でもちきり
何人かのお母さん方はライブにも参戦しており
よかったよ~って言います
さすがに嵐は世代的に違いすぎて行くのに抵抗あるなあ
あるお父さん友達の娘さんが
嵐のライブに行きたいと言ってるそうだが
そのお父さん友達も奥さんも引率に抵抗があるそうだ
そこに白羽の矢が僕に
あ、そういうジョシの引率というパターンなら行けるかも
てか、ぜひに!とお願いされた
チケットが取れたら行ってみようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔の道は険しき道

わがやの長男は
幼稚園の年長さんの12月から柔道を始めました
本人の意思とは関係なく親の意思で

長男はとにかく弱くて
小学校の6年間でたったの2度しか勝ってません
しかし、それでも本人は腐らずに
辞めるといったことは一度もなく
ズル休みも一度もありません

強い人がいれば弱い人もいる
勝つ人がいれば勝てない人もいる
確かに勝てば本人も親もうれしい
勝てなければ本人も面白くない
でも、世の中勝ち負けがすべてではない
今はつらくとも長い人生の中で
それが必ず何かの実を結ぶ
強い人は弱い人の苦しみはわからない
でも弱い人はいろんな苦しみを背負っている
もちろん強い人もいろんな苦しみを背負ってはいますが
勝てないことのつらさを味わうことはない
そのつらさを乗り越えてほしい
僕はそう思っている

長男が中学に進学するときに部活選びで
僕としてはあきらめずに柔道を続けてほしいと思ったが
本人の意思に任せた
長男は柔道部を選びました
第二次成長期を迎え、腕力や足腰に力をつけ
ある程度勝てるようになりました
それでもまだまだとても弱いです

柔道は満14歳になると昇段の資格が与えられます
合格すれば初段となり黒帯を巻けます
9月28日に14歳になったので
11月に昇段審査を受けることになりました
9月から練習内容も厳しくなりみっちりしごかれました
僕も柔道着を着て道場で一緒に汗を流しています
僕は一応二段ですが、まあ、なんちゃって二段です
指導者の先生方も一生懸命弱い長男のために
情熱を注いでくれました
それでも今回は無理だろうとあきらめていました
ただ、受験資格があるので経験させよう
そういうスタンスです

昇段審査は形の講習に2日間参加し
受験当日に形の実演
筆記試験
そして最大の難関である試合
3試合をし、1勝1敗1分け以上の成績が最低条件
昇段審査には中学生、高校生、大学生、社会人が参加します
全員が白帯なので条件は一緒なのですが
腕力が弱い中学生には不利な状況

受験当日
僕は子ども会の用事が終了後に会場に駆けつけたら
ちょうど長男が試合で長男が相手を押さえ込んで勝ちました
その試合が3試合目で1敗1分けの成績で臨んだそうです
筆記試験はバッチリだったので合格間違いナシ
長男が僕のところにやってきて
珍しく涙していました
気持ちを抑えられなかったのでしょう
僕は長男の肩を抱き誉めてあげました
僕の眼もまた潤んでいました

その夜、合格通知の一報がありました

今回こうやって初段になれたのも
厳しくも長男のために一緒に汗を流してくれた先生方
励ましてくれた仲間や周りの大人
心から感謝をしなければいけない
そして、これからがまたいばらの道だ
黒帯を巻いた有段者となるから
無様な試合はできない
弱くちゃ資格が泣く
これからが本当のチャレンジ
がんばれ
そして、感動をありがとう
君の親でよかった
君がわが子でよかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰り松江ツアー

先日、島根県松江市まで行ってきました
日本PTA中国ブロック研修会てのに参加してきました
今年度、長男の通う中学校で
どういうわけかPTA役員をすることになってしまい
うちの中学から2名動員と市のPTA連合会から要請があり
バスツアーが企画されました

ブロック研修会は11月7日の土曜日
バスは金曜日から出発だそうです
金曜日からって
仕事の都合でなかなかそんなの参加できません
世の中のほとんどの人は金曜日仕事でしょう
土曜日も大半は仕事だと思います
仕事を休んでまで行く価値があるのか?
てか、PTA役員って負担多すぎ
自由参加にすればいいのに
動員要請をしないと集まらないようなイベントならやめてしまえばいいのに
そう言いたいのですが
学校も上から言われてる以上なんとかしないといけないみたいで
PTA役員に泣きついてきます

PTA会長も出張の関係で参加は難しいけど
誰も行かないというのはマズいんで
立場上、行かざるを得ない
松江まで飛行機で行く羽目になるそうです
もう一人誰が行くかを決めるのに誰もいないのです
僕は土曜日の日帰りなら行けなくはないとつぶやいたら
めでたく僕に決定
しまった!

7日の土曜日は仕事ですが
その日休んで別の日に出勤するとしよう
翌日曜日は朝から子ども会の行事があるため
なんとか土曜日のうちに帰ってこなけらばならない
下関から松江までどのルートでも5時間はかかる
ツラいなあ

当日、僕は小学校のPTA会長ともうひとりのツレと
3人で行くことになり午前3時にわがやに集合予定だったが
2時半過ぎにふたりはやってきた
はやっ
2時40分に出発し松江に8時過ぎに到着
朝マックして9時から受付の10時開始

いくつかの分科会に分かれて講話なりがあるんだけど
僕は一番大きな会場の分科会で人数は400人くらい
実行委員長がはじめに挨拶したんだけど
紙を見ながらのあいさつにもかかわらずカミカミでした
そう大して長くもない文章なのにめっちゃカミカミ
こんな大きなイベントであいさつするなんて
はるか前にわかってただろうに
覚えることはできなかったんだろうか
なんともお粗末でした
まあ、本人にしてみれば大きなプレッシャーだったんだろうけど

それにしても主催する方たちも大変だ
いろんな企画を頭をひねって催し
意義のある内容に仕立て上げていかなくてはならない
皆さんの苦労には敬服するものの
遠路はるばるやってきて見聞きするほどのものではない
誰かの自己満足のために多くの犠牲を払って
それぞれの時間を奪い、負担を強いる意義を見いだせない
こんなのはやめるべきだと思う

で、3人で下関まで帰ってきたわけだが
800キロを超える距離を運転するのは
なかなかないことだなあ

そうそう、この中国ブロック研修会
2年後は下関開催だそうです
その年にPTA役員をする方は大変ですね
てか、準備段階はすでに始まってるでしょうから
来年度の役員さんもそこそこ大変でしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコミのありかた

整形手術をしてまで逃亡した市橋容疑者
彼の逮捕の関連ニュースを見ていた時のこと

一斉に群がるマスコミの群衆
彼らも職務に燃えて頑張っているのだろう
必死なのは見てとれる
しかし、不愉快な気持ちになる
JR大阪駅のホームや新幹線での過剰とも思える取材攻勢
一般のお客さんもいるのに
最終列車で疲れた体を休ませたり
仮眠したい人もいるだろう
それをあんなにもみくちゃ状態では
はたはたいい迷惑です

公共の場での取材における紳士協定みたいなのは
ないんですかね
仕事に燃えて全国にいい画を届けたい気持ちも
わからなくもないんですが
人間としての社会人としてのモラルが感じられません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

延岡ツアー

ちょっと前の話です
わがやには3人の子どもがおります
3人とも男の子で
中2の長男を筆頭に小6、小1と
3人とも柔道を習っています

11月1日に宮崎県延岡市で
磯貝杯という試合に出場するために
10月31日から1泊で宮崎に行ってきました
この大会に参加するのは4年ぶりです

今年は夏合宿で長崎県佐世保市にも行ったんで
出場する子どもがいる世帯は出費がかさみます
佐世保合宿では大型バスをチャーターしての2泊3日でしたが
個人の出費を極力抑えたいけれども
部費もバスをチャーターする余裕がないため
出場選手と指導者、保護者の総勢28名が
自家用車4台に便乗してのツアーです

今年度は僕が父兄会の会長ということもあって
わがやは僕と嫁さんと2台の車を出すことに
各車に子どもと大人が乗って楽しくドライブ
行きは大分県九重町の日本一の夢大吊橋観光を取り入れたため
わが街、下関から宿泊地まで400キロ超
ホテルで夕食を摂った後、大人は近くの居酒屋へ出動

翌日の試合は、まあまあの結果で
敗退後は下関へ向けて出発
僕の車は仲良しのお母さん友達2名と子ども5名
まあ、子どもたちは大盛り上がり
僕の車は小学生男子ばっかだったので
下ネタ炸裂です
あ、ボッキした、見て見てとか
セックスがどーたらこーたら
あ、うちの子は別の車でしたが
自分の親がいないとみんなはしゃぎまくり
まあ、僕とお母さん友達も下ネタを含んだ会話に
かなり花が咲いていました

総移動距離は700キロを超えましたが
楽しかったので運転は苦にならず
いい思い出となる旅でした

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大木凡人

先日、仲良しのお母さん友達との会話で
同じ町内に住んでるある人のことを聞いてきた
『○○さんて知っちょお(知ってる)?』
『しらん』
『大木凡人に似ちょる人なんやけど』
『大木凡人?』
大木凡人は知っているが
あんなおかっぱ頭にメガネかけた人って
そうそういないだろ?
似てる人がいたら絶対気づく
一応、髪型とメガネのことを確認したら
大木凡人にそっくりだと言っていた
ホントかなあ

僕は大木つながりでそのお母さん友達に
テレビ朝日の大木優紀アナと
ビビる大木は親戚(はとこ)だという情報を提供した
かなり余談ですが中日の落合監督の息子の福嗣くんは
ビビる大木のことを『大木』と呼び捨てにしています
ちゃんと周囲の公認を得てるそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポンのスーパーカー

1989年にホンダが『NSX』という車を発表
当時800万円の高級スポーツカーは
オールアルミボディの贅沢な作りで
自主規制の280馬力を3000ccの自然吸気エンジンで発揮
その後、幾度となくマイナーチェンジを繰り返し
性能を極め価格も1300万円程度になった
日本初のスーパーカーと呼ばれた

NSXの発表と同じころに
日産スカイラインに『GT-R』というグレードが
16年ぶりに復活
トルクスプリット4WDにツインターボを武装
大きなウイング形状のリアスポイラーに
迫力あるフロントグリルとブリスターフェンダー
『スカイラインGT-R』はスカイラインの冠を脱し
『日産GT-R』へと進化を遂げ
性能は世界トップレベルのスポーツカーとなった
価格も860万円からで、トップグレードは1575万円
価格もビッグだ

しかし、数年前から話題になっていた
レクサスが開発を進めているスパースポーツカー
『LFA』がベールを脱ぎ2010年発売開始が決定
先日の東京モーターショーで市販化スタイリングが公開
4.8L V10DOHCエンジンは560馬力を発生
ボディの軽量化への取り組みもすごく車重は1480kg
そして価格もビッグで驚きの3750万円
全世界で500台の限定生産で
日本に割り当てられてる販売台数は165台
今年の10月から来年の3月までに
購入希望者の予約を受け付け
来年4月に購入者を決定するらしい
3750万円の車をどういう人が買うんだろう

僕がキャッチした情報では
この『LFA』の購入希望者が
わが街、下関市ですでに2名が名乗りを挙げてるそうだ
もう一人増えるかもというのが現状
下関市の人口は日本の総人口の約400分の1
単純に人口比率でいうと
日本国内で800人くらいの購入希望者が潜在的にいることになる
所得比率でいけば下関なんて人口比率よりも低いだろうから
1000人くらいの購入希望者がいるかもだ
この不景気なご時世にすごいなあ
3750万円といえば下関市内のうちの近所では
平均的なサイズの土地と家がセットで買えますよ
しかも結構いいグレードの家が建てられます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のりピーな瞬間(とき)

覚せい剤所持及び使用問題で芸能界が揺れています
今後、坂井法子はどこへ向かっていくのか
事件は日本全国に大きな影響と驚きをもたらしたが
きっと執行猶予付きでしょう
となると、彼女の今後の身の振り方について
白熱した報道が繰り広げられています

海外からの熱烈オファーもあるらしいけど
先日法廷で発言したように
ダンナと離婚し介護の道を歩む
この方向に向かって彼女の努力次第で
彼女の犯した罪を払しょくはできませんが
いくらか相殺できると思います

さてさて
話はいつものとおりすってんころりんと変わりまして
うちの嫁さんですが
大学生のころに教育実習生として
とある中学校の2年生を受け持ちました
まあ、中学生つったら教生のセンセにちょっかいかけるやないですか
僕もそういう過去がありましたし
で、なんか辛らつなことを言われてしまうんじゃないか
落ち込んで登校拒否になっちまうんじゃないか
中坊は容赦ないから(僕の経験上)
と、僕も不安いっぱいでした
あ、嫁さんとは当時から付き合ってました
なにかと紆余曲折はありましたが

で、嫁さんからはクラスの様子や
担任の先生のことなどを聞かされるが
イジメを受けてる印象ではない
それどころか生徒たちに気に入られてるっぽい
生徒からつけられた『ニックネーム』でそれがうかがえる
そのニックネームが


『のりピー』


休み時間の終わりを告げるチャイムが鳴っても
ふざけてる生徒たちに
席についてる生徒が『のりピーが来た!』と言って
みんな席に着くといった感じだったそうだ

な、なぜにのりピー?
まるっきり似てるとは思わないが・・・
あえて言うならば髪型が似てたかも
髪型から醸し出す雰囲気も似てたかも

今よりもずいぶん痩せてた頃のお話ですが
ちょっとしたサプライズです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小松の親分さん

仕事で定期的に訪れる場所ですが
小松政夫によく似た男性がいます
クリソツってほどでもないんですが
まあ、似てます
頭頂部が薄くなってますけど
彼を見るたびに心の中で
『こまっつのおやぶんさん』や
『おかーたま』などのフレーズが
頭ん中でぐるんぐるんとエンドレスでまわってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »