« エロクラブ | トップページ | ただの飲み会 »

なくならない飲酒運転

福岡での3児が飲酒運転の犠牲になり
全国的に飲酒運転撲滅の気運が高まっています
飲酒運転による重大な事故が幾度となく報じられ
亡くなった方の無念さや、遺族の哀しみ
加害者の身勝手で軽率な行為
飲酒運転は反社会的行為であるということが
メディアによって人々の中にインプットされています

しかし、飲酒運転で事故を起こし
逮捕される数や検挙される数は
右肩下がりではあるものの劇的に激減していない現状
あれだけメディアで飲酒運転がバッシングを受けてるにもかかわらず
飲酒運転や飲酒運転による事故が後を絶たない
彼らは一体何を考えてるのだろう?

僕が思うに処分が甘すぎるのではないかと思う
飲酒運転の場合、ほとんどの職場で懲戒処分となる
それは解雇であったり、停職であったり
各自治体や企業などで処分の重さは違います
解雇と停職では扱いが全く違いますが
飲酒運転に対する処分の厳しさはある程度うかがえます

しかい、飲酒運転と酒気帯び運転とじゃ違います
酒気帯び運転だと減給や謹慎程度
これって飲酒運転は許し難い行為で厳罰に処する
ってイメージは伝わってきますが
酒気帯び運転くらいじゃ
次やっちゃだめだぞ!
ってお灸をすえる程度にしか思えません
つまり、飲酒運転は断固反対であるけども
酒気帯びくらいならちょっぴり目をつむろう的に思えます
極端な話
飲酒運転は認めないけど
酒気帯び運転は認めるって解釈ができます
まあ、酒気帯び運転の場合は
前の日の飲酒でアルコールが残ってる場合もある
ってことで酌量を鑑みるってことなんでしょうが
それは自己責任の甘さでは?
僕は翌日が仕事の場合は出来る範囲で飲み会の予定を入れない
それでも飲み会の予定が入った場合は
10時以降はアルコールを口にしない
それまでにも多量の飲酒を避ける
などの努力をしています
でも、車の運転前に飲酒チェッカーはしていません

さて、社会的制裁に関しては
それぞれの考え方ですが
問題は刑事処分や行政処分の甘さです
危険運転致死罪が適用されても
死刑にはならないし無期懲役にもならない
ましてや危険運転致死罪の適用ですら難しい現状
じゃあもっと入り口の段階で規制しなきゃ!
飲酒運転で重大な事故をしてもそこから逃げて
アルコールが抜けて出頭すれば
ひき逃げの罪になったとしても飲酒運転の罪から免れたりする
今のままでは抜け道が多すぎて被害者の救済どころか
事故が起きてからのことで
事故を未然に防ごうという司法の姿勢が見られない

僕が提案したいのは
飲酒による事故を起こした時点で
有無をも言わさず懲役刑の適用
相手が死亡した場合事故を起こした時点で懲役10年
重傷を負わせた場合は懲役5年
軽傷の場合や検問で検挙された場合で禁固1年
その後、裁判によって裁かれ刑罰を加算する
もっと重い処罰でもいいと思うけど
とりあえず最低ラインをこのあたりに保っとかないと
飲酒運転の撲滅には程遠い
酒気帯びも同じでいいと思うけど
そこまでは・・・というなら軽減の措置はあってもいいと思う
でもね、罪を軽くすれば
社会が飲酒運転を認めてるってことだよ
罪が重いと思うってことは
飲酒運転をするかもしれないって思ってるってことだよ
飲酒運転をしなければ何にも恐れることはない

|

« エロクラブ | トップページ | ただの飲み会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024965/31683366

この記事へのトラックバック一覧です: なくならない飲酒運転:

« エロクラブ | トップページ | ただの飲み会 »