« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

三姉妹

三姉妹といって風間三姉妹を連想したアナタ
素敵です

えっと、きょうだいの組み合わせとして
兄弟、姉妹、兄妹、姉弟など
いろんなパターンがありますが
うちの子は3人とも男の子でして
三兄弟てやつですね
ひとむかし前ならだんご三兄弟とか言われてましたが
今時そんなことをいう輩はだれもおりません
老後のことを案ずると女の子が欲しかったんですが
男の子ばっかです

で、うちと真逆なパターンで三姉妹の知り合いが結構多い
友達の子どもが三姉妹だったりもするのですが
仲良しのお母さん友達にも三姉妹が多くいます
どういうわけかすべての三姉妹の知り合いで
一番仲がいいのは長女
何か理由があるのかなあ考えた末たどり着いた結果は
ただの偶然でしょ

ちなみにうちの嫁さんの母親は
5人姉妹の長女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーキングマザー

女性の友達が多いかどうかわかりませんが
それなりにお付き合いが良好なお母さん友達が
数人いや、数十人います
ほとんどたいていの方は仕事をしております
パートタイムであったりフルタイムであったり
それぞれのお仕事に就いています

車ですれ違ったりすることもあり
『とーるちゃんみっけ』てケータイメールが届いたりします
僕の車は割と目立つ存在らしく
結構頻繁に目撃されます
悪いことはしませんが
悪いことはできません

あるお母さん友達は
かなり多忙な日々を過ごしており
休日も不規則で日曜日に勤務することもしばしば
急きょ明日お休みになったと平日が休日になることも
普段は県内を飛び回り
繁忙期は会社に泊まりこむこともある
出張も定期的にあり
関西に行けば神戸プリンを
広島に行けばもみじ饅頭を買ってきてくれます
バレンタインのときは
僕の大好きなチロルチョコが届きます
僕の好みをよく知ってるナイスなお母さん友達です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルバーウイーク

ゴールデンウイークという名称が
いつから使われていたのかは知りませんが
今やすっかり定着していますね
僕が高校生の頃とか
ゴールデンウイークって言ってましたっけ?
てか、今みたいに何日も連休になってなかったので
『飛び石連休』てのは言ってましたよね
まあ、ゴールデンウイークてのは
民放や一部の週刊誌の呼び方で
NHKなどは『大型連休』って言ってますね

さて、シルバーウイークですが
もともと11月に体育の日を移動させ
文化の日と勤労感謝の日をくっつけて
連休にする目論見があり
それを『シルバーウイーク』にという案もあったそうですが
立ち消えになったんでしょうか
とりあえず今年の9月の連休は
『シルバーウイーク』と呼んでますが
来年以降は今年のような巡りにならないので
『シルバーウイーク』という呼称は消滅かな

つか、シルバーウイークの意味が分かんない
敬老の日が絡んでるから『シルバー』
みたいな意見もありますが
単純にゴールデン→金だから
金の次に価値のある銀でシルバーらしい
つーか、ゴールデンの反対語はシルバーなの?
金はゴールドであって
ゴールデンは【金色の】ていう意味でしょ?

まあ、どうでもいいことですが

それにしてもマスコミでは盛んに
『5連休』と言ってましたが
実際に『5連休』だったのは学生と一部の社会人で
世の中の半分くらいの人は4連休以下だったのでは
よく月曜日が祝日で3連休と表現されますが
世の中土曜日に仕事の人って半数くらいいるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクドナルド

マクドナルドのメニュー『チキンタツタ』が
5年半ぶりに復活ということで話題になってますね

僕がマクドナルドのメニューの中で
一番好きだったのが『チキンタツタ』なんですよね
初めて食べたのは大学生の頃ですね
たぶんそのころに発売されたんだと思います
新しくニューに追加されたそれを食べてみて
サイコーオキニになりましたね
でもいつしかメニューから消えてしまい
マックを食す楽しみも失せてしまいました

ロッテリアでもそうです
僕がロッテリアのメニューの中で
一番好きだったのは『イタリアンホット』なんですよね
初めて食べたのは中学生の頃ですね
世の中にこんなおいしいものがあるのかと
感動したのを覚えています
僕が高校生の頃にメニューから消え
社会人になったころに若干スタイルを変え復活しましたが
再びメニューから消えてしまいました

話がそれましたがマクドナルドです
僕が住んでる下関にはマクドナルドがありませんでした
お隣の北九州市には当然ありました
テレビのCMでは何度も目にするマクドナルド
憧れだけが先行してましたね
僕が高校を卒業するころに
下関市内にもマクドナルドがお目見えしました
初めてマクドナルドで食べたのはチーズバーガー
やっと世間に追いついたと感動しました

昔からの疑問ですが
なぜマクドナルド?
スペルでは『McDonald’s』で
発音記号では『məkdɑnl(d)z』と表記されてます
英単語をカタカナで表現すること自体無理があることですが
カタカナで表したいのであれば
『マクドナルズ』のはずです
少なくとも発音記号ではそうなってるので
『マクドナルズ』ではないでしょうか
耳から聞こえる音をそのまま表現するのであれば
『メクダーナズ』でしょう
でも、なぜか『マクドナルド』になってます
不思議です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

工藤公康

知ってる人も多いでしょうが
工藤公康はプロ野球選手です
ポジションはピッチャー

愛知工業大学名古屋電気高校出身
甲子園にも出場し全国の注目を浴びるなか
ノーヒットノーランを達成
ドラフトで西武ライオンズに入団し
4年目から頭角を現しエースに成長
西武ライオンズの黄金時代の中心選手となる

その後、フリーエージェントで
福岡ダイエーホークスと読売ジャイアンツへ
そして現在は横浜ベイスターズに身を置いているが
先日、球団より来年度の契約を結ばない方針と伝えられた
戦力外通告である
要は解雇です
しかし、工藤は来期も現役続行の意思があり
他球団でのプレーを希望している

プロ野球選手として今年で28年目の46歳
プロスポーツ選手としてのピークはとうに過ぎている
世界を見回しても46歳で現役のスポーツ選手はかなり少ない
華やかなうちに引退する選手もいれば
ボロボロになるまで頑張る選手もいる
それぞれの考え方や美学があるだろうから
正しい答えはないが
ボロボロになるまで頑張る姿には
心打たれるものがあり
勇気づけられる

僕の中では西武時代の工藤が一番印象に残ってる
1986年の広島との日本シリーズ
この年は清原がルーキーで山本浩二が引退で
新旧スラッガーの世代交代といわれていた
第1戦は延長14回同点引き分けで
2戦、3戦、4戦で広島が3連勝
崖っぷちの第5戦は1対1のまま延長戦
東尾をリリーフした工藤が快投を続け
延長12回裏ランナー2塁でバッターは工藤
北別府をリリーフした炎のストッパー津田から
ライト線へ痛烈なサヨナラヒットを放った
当時工藤はこんな玉打てないと思い目をつぶって打ったと言っていた
このサヨナラヒットをきっかけにライオンズは息を吹き返し
その後3連勝で4勝3敗1分けという
日本シリーズ史上初めて8戦目で決着がついた
ちなみにシリーズMVPは工藤

その翌年の1987年は巨人との日本シリーズ
この年も西武は日本一になり
マウンドで森監督の胴上げが行われている最中に
工藤は映されてるであろうテレビカメラに向かって
バンザイをしながらにこやかにジャンプをしていた
いまではよく見かける光景も工藤がハシリです
ビールかけの席で工藤と石毛が抱き合い
工藤『アイウォンチュー』
石毛『アイニージュー』と言いながらキスをした
工藤『うわあぁ!やべぇ!』
すんごく楽しそうだった
ちなみに工藤は日本シリーズで2年連続MVP

20年くらい前でしょうか
あるお笑い芸人がナンパで引っ掛けた女の子を
通りかかった西武の工藤に持って行かれたと言ってました

工藤の背番号は47番
来年47歳になる
こんな大きな数字の背番号まで現役でいられるなんて
背番号の年齢まで
いや、それ以上現役でがんばってもらいたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み聞かせセミナー

先日、『読み聞かせセミナー』に参加してきました
知人からこんなセミナーがあるけど参加してみない?
と紹介されたので二つ返事でオッケイしました
というのも、見た目はいかつくて人相の悪い僕ですが
こうみえても小学校で定期的に読み聞かせをやってるんでっす
そういう噂をどこからか聞いたんでしょうね
だからこんなお誘いがきたのでしょう

このセミナーに参加してみたいと思ったのは
もうひとつ理由があるからなのです
全国的にも有名なとある小学校教諭
その名を知らない教師はいないとまで言われてる
スーパー先生なんですが
この方がこのセミナーの主催者側であり
講話もされるそうなのです
そんで、この方は僕とチョーご近所さんなのです
まだ一度もお顔を拝見したこともないし
ぜひカリスマ教師の姿を見たいという念に駆られ
参加を強気希望しました

会場に着くと知人がいてカリスマ教師を紹介してくれるというのです
え~!緊張するなあ
僕のような人間がそんな立派な方とお話しするとは
夢にも思ってませんでした
とりあえず、変な格好をしてなくてよかった
多分見るに堪えれる程度でしょう
実際お話ししてみての印象は
とっても気さくな方でした

セミナーでは短い時間でしたがいろんなことを学びましたね
僕にとっては有意義な時間でした
読み聞かせをしていくうえで
自分の中に迷いや葛藤がありましたが
靄が晴れてすこし気が楽になりました
取り入れたいことや試してみたいことも見つかりましたし
何よりも自分自身が楽しみ
自分を信じ聞き手が楽しめるよう
心がけることが大切だと感じました
心が折れそうな時もありましたが
前向きになれそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初体験

今年42歳になる僕ですが
生まれて初めての体験をしました

知人女性とインド料理を食べたのです
仮に知人女性をA子とします
A子とは今年知り合いになったのですが
なぜか意気投合して仲良く
まあ、偶然僕と誕生日が同じであるということが
親近感につながったのでしょう
面識があまりないうちから彼女は
僕のことを『とーるちゃん』と呼びます
ちなみに彼女は僕の1コ下です
で、僕は彼女のことを苗字で『さん』づけです
僕のほうが年上なのに!
噂によると彼女は昔美人だったらしいです
今は肥大化してその面影はなさそうです

午前中は九州国立博物館で阿修羅展を観覧
そのあとA子ととあるイベントに参加するため
『シーモール下関』へ戻ってきました
12時にA子と待ち合わせをしてインド料理店へ
A子は友人のB子を連れてきた
B子と僕は初対面だが
話をしていくうちにB子の弟さんが僕のご近所さんで
知り合いで子どももよく知っているという奇妙な縁

僕はメニューの中からシーフードカレーをチョイス
サラダとカレールウとナンが出てきた
ナンはとっても大きくてこんなに食べれるかなあ?
と不安な面持ちで食べ始めましたが
感触してしましました

ここのお店は表の通路から店内が見にくい感じでしたが
知人女性から『カレーおいしい?』とメールが届いてびっくり
見られてんじゃん!
女性と一緒だったので
マズイ現場を抑えられたのかと思いちょっぴりあせりました
別に何らやましいことはしてないので
堂々としてればよいのですが
なんせ気がちっちゃいもので

あ、肝心な初体験の感想ですが
おいしかったです
次回は家族とともに来ようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛煙家

日本の社会も欧米に倣って
公共の場における禁煙ムードが定着し
それ以外の場所でも禁煙が当たり前になっており
愛煙家にとっては肩身が狭いことでしょう

日本人の喫煙率は下降の一途をたどっており
昨年発表されたJTの最新の情報では
男性が39.5%で女性が12.9%の喫煙率だそうです
ほんとですかねえ
この調査をどこでしたのか信憑性があるのかわかりませんが
少なくとも僕の周りでは
男性が60~70%くらいで
女性が30%くらいの喫煙率と思われます
僕のお付き合いしているお友達が
異常に喫煙率が高いのかもしれませんが
JTの数字は異常に低いと思われます

僕は一応喫煙者であります
普段は全くタバコを吸いません
飲み会の席ではついタバコが手放せなくなります
自分で買うより人からもらうほうが多いかもしれません
たまにしか吸わないので『愛煙家』っていうくくりで分けられると
違和感を感じますね
愛煙ってほど吸いませんし
まあ、吸ってるという事実には変わりませんが
ちなみに今月はまだタバコを吸ってません
10月中旬に飲み会の予定が入ってるので
タバコが吸えると楽しみにしています

タバコを吸う人の肩を持つわけではありませんが
タバコによる税収は大きくて
わが街でも年間数億円の税収があり
市の運営にかなりの貢献があるそうです
金額を聞くとビックリするほどの高額です
タバコの販売が減ってしまうと
その分の穴埋めで期待できる税収がほかに見込めないのです
禁煙ムードが定着している世間ではありますが
自治体としてのホンネはタバコの販売が落ちると
市の財政をひっ迫してしまうので
あまり声を大にして禁煙とは言えないでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿修羅展

奈良県の興福寺が710年に創建され
1300年記念となる2010年に向けて
老朽化により解体された中金堂を
新たに建て替える予定で
それに向けて様々な国宝が
東京国立博物館と福岡国立博物館に
出張展示されるというわけです
今回の目玉は阿修羅像の展示です

先日福岡では開催62日目で50万人突破
福岡国立博物館の新記録樹立です
しかし、3月から6月にかけて開催された
東京国立博物館では67日間の日程で
90万人の動員があったというから驚きです
福岡国立博物館では9月27日までの開催予定です
興福寺ではガラスケースに収められている阿修羅像ですが
今回の目玉は阿修羅像がガラスケースに収められていなくて
むき出しの状態で観覧できることです
つまり阿修羅像を360°の角度から見れるのです
これが大きな話題として引き金になり連日大盛況
仏像に興味のない人もこのブームに乗っかろう
そんな感じで人が集まっている
旅行会社もツアー企画に盛り込んだりして
話題に拍車をかけている

仏像にも国宝にも何の興味もなく
お台場の実物大ガンダムのほうが
僕にとっては大きな意義があり
僕の人生において有益であることに間違いはないのですが
これだけ世間が騒いでるのであれば一見の価値あり
そんなわけで僕も行ってきました

阿修羅展に行こうと決めてたのは
福岡で展示が始まる前からでした
朝日新聞社主催ということで
朝日新聞の販売店にお願いして事前にチケットを入手しました
本当は嫁さんと行く予定だったのですが
なかなか僕とスケジュールが合わなくて
嫁さんは展示開始2日目に行ってきました
僕は、やっとこさ先日行ってきました
50万人突破の前日です

ネットで混雑ぶりを調べ
いかに混雑を避けるかを考えた結果
チケットは事前購入したほうがよいということで
ローソンでチケットを購入
混雑は日々200分待ちの予想です
開館は9時半からですが
自宅を6時出発の7時半到着を目指しました
待ち時間は退屈だろうからiPod touchを携えます
ちなみに待ち時間はネットでも随時確認でき
ケータイでもわかるようになってます

雨の高速を飛ばして7時半に到着しました
しかし、駐車場はすでに何台もの車が
傘をさして九州国立博物館へ
まだ開いていないチケット売り場は長蛇の列
チケット購入者用の入場列へ並びましたが
僕の前にはざっと300人は並んでいる
さすが世間をお騒がせな阿修羅展です
予想を上回る人出にびっくり
開館まで2時間と思っていましたが
雨天で寒いということもあり開館を早めてくれると
職員の方から説明があり8時25分に開館
館内に入ってからも入場規制があり
展示コーナーにたどり着いたのは8時40分でした

展示物はいろいろあるんですが
やはり目玉である修羅像はすんげえ人が群がってる
見たらさっさと前に進めば混雑しないのに
やたらとじっくり眺める人々
開館して間もないのに身動きが取れない状態
これだけ混雑してるんだから他の人のことを考えて
どんどん進んでくれればいいのにと思いますが
せっかくお金を払ってるんだからじっくり見させろよ
って感じなんでしょうか

まあ、そんなこんなで話題の阿修羅像を見てきました
とりあえずブームに乗っかって話のネタをゲットしてきました
午後からは地元で予定があるため
大宰府名物の梅が枝餅を買うこともなく
雨の中高速を飛ばして下関へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

幻のラーメン

『ラーメンセンター銀座』
国道2号線沿いにそれはある
場所は山口県宇部市
宇部市といってもかなり外れというか山あいのほうにある
新幹線の高架橋が近くを通っており
繁華街はない
まさに知る人ぞ知るという表現が的確なラーメン屋さん
ツウの間では有名で人気も高い

『ラーメンセンター銀座』
昭和の匂いがぷんぷんする
決して流行りそうもないネーミング
18歳のときに友達とドライブをしていて
ひょこっと入ったラーメン屋さん
清潔感のかけらもない店構えと店内
古ぼかしいという印象だったが
味は良かった

その味が忘れられなくて
その店の前を通るたびに食べようと思うのだが
なかなか開いてる時間に遭遇しないラーメン屋さん
いつ行っても休みのような気がする
ネットで調べたら営業時間は
10時半~15時となっている
その割には開いてる時間に遭遇しない

先日、仕事で昼時にそこを通過する用事があり
今回こそチャンスと思い店に立ち寄った
車は3台ほど停まっていたが
開いてるのか?
と思うほど活気がない
しかしのれんが掛かっており
店内には照明がついてるのが確認できたので
中に足を踏み入れた
店内の照明も注意してのぞきこまないと見えないほど
営業する気があるのか?と疑いたくなるほど

普段はチャーシューメンなんて頼まない僕が
滅多とない千載一遇のチャンスに
ついチャーシューメンを頼んでしまった
ここのラーメンを食すのは23年ぶり
この23年間に僕の味覚も変わってると思うし
まだまだ世の中のいろんな味に出合ってなかったころに
おいしいと感じた味を
この23年間で様々な味に出合い
味覚も贅沢になったであろう僕が
23年ぶりに巡り合った味に何を感じるか
すごく楽しみであった

あっさりとんこつで細くて柔らかい麺
チャーシューは豚しゃぶのようなこま切れの豚肉が
器全体に広がり麺が見えないほど
これでもかというほど乗っかってる
こってりとんこつが好きな僕ですが
この味はオッケイ
懐かしいという印象もないほど
23年前の味を忘れてる
新しい出会いという印象です

ただ残念だったのは
僕の隣に座ってたワカゾーが
ラーメンをズズズーーーっとすするのはいいのですが
すすったあとに麺を
くっちゃくっちゃと音を立てて食べるのです
その音はなんとかならんのか?
と、言おうかと思いましたが
40を過ぎたおっさんですので
ヒートアップは控えました

次回はいつになるかわかりませんが
また食べたいですね

000_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高嶋ちさ子ライブ

今年の参戦ライブは
5月にドリカムの福岡ライブ
8月に福山雅治で福岡ライブ
同じく8月に福山雅治の稲佐山ライブ
ドリカムも福山もともにデビュー20周年

ほんとは8月に松田聖子ライブにも行くつもりだったんですが
子どもの校内キャンプの予定が入ってたので参戦断念

で、今年は僕にとって最後になるであろうライブが
10月に北九州芸術劇場大ホールで開催される
『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』ライブです
嫁さんと二人で行ってきますが
なんかヴァイオリンコンサートって
耳にした時の印象が高尚でしょ?
ちょっぴりおめかししてってイメージがありますが
何着て行こうかな
僕の普段着では場違いな感じですが
普段着以上となるとスーツしかありません
中間の服を持ってないという悲しい40代

高嶋ちさ子は歯に衣着せぬ発言が好きで
夫婦ともども楽しみにしています

とりあえず本番に向けて少し予習しなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福山雅治 稲佐山ライブ2

今回のライブは稲佐山の1万5千人と
長崎Nスタジアムに2万5千人の
計4万人が福山ライブに参加です
この日はWOWOWでの生中継もあります

5時にNスタジアムからの進行でライブ開始
ライブに先立ちましてNスタジアムで始球式を行うとのこと
アンパイアは長崎市長
バッターは福山雅治のアナウンスだが
登場したのはニセ福山で有名な大山英雄
キャッチャーも福山雅治のアナウンス
登場したのは福山のモノマネで有名なみっちー
僕はこの2人は必ずライブに登場してくると予想してたました
そしてピッチャーも福山雅治のアナウンス
ん?ほかに福山のマネをする人いたっけ?
登場したのはなんと福山雅治本人!
稲佐山の会場にいると思ってた福山がNスタに
これにはビックリだし
福山の姿をモニタでしか見れないと思ってた
Nスタのファンは大喜び
始球式の後、稲佐山までどうやって来るんだろう
Nスタから30分はかかるだろう
そう思ってたらヘリですっ飛んできましたよ
ヘリをチャーターなんてすげっ

その後、稲佐山でのライブが始まったのですが
この稲佐山をモデルとした『約束の丘』を絶対歌うと予想してましたが
1曲目がこの『約束の丘』でした
2曲目は早くも『HELLO』で一気に突っ走りましたね
このころには暑さも和らぎ小高い丘に風が抜けて
心地よい場所にかわってましたね
目を閉じれば福山の歌声で
さらに心地よさが増す

今回のライブでの楽しみは
先日発売されたアルバムに収録されている
『18~eighteen~』を聴くこと
福岡ライブでも聴けたんですが
この曲は彼が故郷長崎で育ち
故郷長崎をあとにする時のことを歌にしたもので
当時付き合ってた彼女に対するラブレター的な
意味合いもあると僕は思ってます
福山と僕は同世代で
同じ時代を過ごしたからこそわかりあえる部分もある
時代背景から彼の思いと共感する部分がたくさんあり
いつもこの歌を聴くと涙が出てきそうです

あと、柴崎コウ(KOH+)に提供した作品のセルフカバー
『KISSして』と『最愛』も今回の楽しみでしたね
両曲とも現在の僕の着うたになってます
とくに『最愛』はアンコール後のラストとして
アコギで弾き語りしてくれましたが良かったです

ライブが終わり1万5千人の大移動も
スムーズで特に混雑することなく素晴らしい

今回のライブに参加して思ったことは
とにかく長崎をはじめ周りのバックアップのすごいこと
市全体が福山のライブを成功させるんだ
福山のライブを歓迎するんだ
そういう温かさが随所で伝わってきました
そして長崎市に及ぼした経済効果の大きさも
肌で実感しました

あらためて福山雅治の素晴らしさ
まわりのサポートの素晴らしさを体感し
感動しました

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福山雅治 稲佐山ライブ

8月30日に福山雅治の故郷である
稲佐山ライブに行ってきました

その前の8月8日にマリンメッセ福岡での
福山雅治全国ツアーライブにも行ってきました

今回のライブはデビュー20周年記念ということもあってか
一人につき申し込めるチケットは2枚と少ない
僕は普段からお世話になってる
大の仲良しのお父さん友達と
もう1組ペアチケットがあったので
仲良しのお母さん友達コンビと
2対2で一緒に参戦

福岡ライブが楽しかったので
当然稲佐山ライブにも期待は高まる

8月29日の土曜日僕は仕事でした
早めに切り上げて16時ごろ退社
ツレを16時40分くらいに迎えに行き
いざ高速で長崎へ
このツレは福岡ライブもご一緒した
仲良しお父さん友達で仮名ヒロシさんとします
ヒロシとトオルでビーバップコンビみたいですな

稲佐山ライブは29日と30日の予定
その日の長崎市は福山ライブの影響か
どこのホテルも空きがなくて
ちょっと手前の大村市のカプセルホテルを予約してました
7時過ぎには現地に着いたので
とりあえず居酒屋で乾杯
その後カプセルにチェックイン

翌朝、7時にはカプセルを後にし
8時には長崎市で朝食を摂りました

ライブまで時間があるので
ヒロシさんの知人宅へ行ったり
稲佐山の現地視察に行ったり
中華街で食事をしたりして過ごしました

2時くらいにシャトルバス乗り場へ移動しましたが
とにかく暑い
滝のような汗がだらだらだらだら
シャトルバスの中はクーラーガンガンで快適
でも、稲佐山で降りると劇的に暑い
ライブ開始は5時だ
まだ2時間半ある
でも、暑さのピークはせいぜい1時間だろう
とりあえずがんばろう

稲佐山は今から20年近く前に一度訪れたことがある
長崎市に住む友人宅に宿泊したときに
100万ドルの夜景として名高い景色を見ておかねば
そうやって来たんですけど夜景の記憶はない
稲佐山はまさに福山が過ごした場所であり
彼の育った場所で彼も見た景色を感じると
感慨もひとしおだ

稲佐山ライブは芝生が茂ってる野外でのライブです
座席の区画割りはあるもののスタンディングのオープンです
僕たちが位置したのはステージに向かって
左右に対して真ん中よりやや左
前後に対してやや後ろ寄り
花道がセッティングしてありますが
花道の最前部まで来ると福山が認識できるかも
って位置ですね
顔はモニターじゃないと認識できません

長くなりそうなので次回に続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年10月 »